« 会津藩武家屋敷発掘調査説明会 | トップページ | 「落花は枝に還らずとも」読了 »

2014年1月 3日 (金)

シリカポンプ修理

数年つかっていたシリカのポンプが壊れてしまった。

ポンピングしても空気がもれる~。

新しいのに交換するのは簡単だけどちょっとした部品交換をすればまた何年も使える。

で、さっそく時間をみつけて修理、修理 。

補修パーツは以前調達済み。

140101095644_r_2

革のピストンがめくれてる。

これでは空気がだだもれで入らない。

140101100254_r_2

ボルトナットをはずして革パーツ交換

140101101038_r_2

ピストン部分の革パーツを傘をすぼめるようにして赤い鉄のシリンダーに挿入する。

いい感じだ。

140101101936_r_2

グリースを塗って圧縮もれを防ぐ

シュコシュコシュコと小気味よく空気を送り出してやると空気もれもなくチューブに

充填されているようだ。

順調に空気圧も高かくなってるし交換は無事完了。

シリカのポンプは重いし無骨だしアナログ気分いっぱいだけど好きなので

いつまでも使っていきたいものだ。

« 会津藩武家屋敷発掘調査説明会 | トップページ | 「落花は枝に還らずとも」読了 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

“SILCA”のポンプっていいお値段なんですね。
老舗のこだわり、革製のパッキンも“スチール用とアルミ用がある”というところが、またすごいことです。直して使うという当たり前のことが、いまや“安かろう悪かろう”の氾濫で使い捨てなことになりがちですが、しっかりしたものはやはりその使用感が違います。
どうぞ、末永くお幸せに。


kojiさん
今年もよろしくお願いいたします。
小さなパーツ交換すれば本体がまた使えるんですから捨てるのはもったいないですよね。
ちなみに鉄シリンダーモデルはもう生産中止のようで今回の革パーツやゴムパッキンは前もってたくさんストックしておきました。シリカは感触がしっくりくるもんですから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会津藩武家屋敷発掘調査説明会 | トップページ | 「落花は枝に還らずとも」読了 »