« ポカポカ陽気 | トップページ | 竜神峡ポタ »

2013年3月17日 (日)

旧浜街道でJヴィレッジへ

Jヴィレッジまで自転車で行ってきた。

最後に訪れたのは震災前の冬でしたが、その後に起こったことなど予想できるはずもなく。

同行者はtinitn先生とshin様。

今回は私のわがままで 「Jヴィレ行きましょう!」 などとお願いしてしまった。

130317112343_r

美しい芝生が広がっていたいたピッチはこんな有様に。

鉄板と砂利に埋め尽くされ作業員宿舎や機材が置かれている。

130317100410_r

いわき市から海沿いを北上すると津波で破壊された木造の橋が放置されたまま。

ここは火災による被害が大きかった久ノ浜地区。

この橋の上から鮭の遡上も見られたっけ。

130317104101_r

130317104033_r

夕筋踏切

海に一番近い踏切は高台にあるため被害がなかったようだ。

国道6号と並行してはしる交通量が少ない快適な旧浜街道を行くと

以前と風景が違うことに気が付く。

あったはずの民家や集落が消え去っている。

特に低くて海に近い場所はそうだ。

地震で壊れ撤去されたものもあるだろうが、津波で流された家屋も多いのだろう。

当時、海に近い仕事場で苦労されたtinitn先生の体験談を聞き目の前に情景が

広がるような気がした。

130317112511_r

Jヴィレッジ本館

美しかった法面の芝生は消え失せ雑草だらけ。

「荒れ果てた」というのが正直なイメージだ。

こちらは正面玄関側 かつてサッカーワールドカップ参加国が練習した面影はいずこに。

警備員が随所に配置され敷地内は立ち入り禁止だ。

130317121958_r

国道6号に出てみるとファミリーマートが営業中だった。

なんとこの辺では破格の時給1000円で求人中。

それでも人が集まらないのはある意味当たり前かも。

130317114148_r

運よくラーメン屋さんが開いていた。

このあとは国道6号線をひたすら南下したが日曜日なのか原発の関係か

交通量が少なく快適な走行が可能だった。

一気にいわき市まで帰ることができた。

走行距離:79km

« ポカポカ陽気 | トップページ | 竜神峡ポタ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポカポカ陽気 | トップページ | 竜神峡ポタ »