« 檜原湖ファミリーサイクリング2012 その二 | トップページ | 仮設住宅に咲く花 »

2012年6月 3日 (日)

新しいジャージと田人ポタリング

Rdscn4855_r

IBM(イワキ バイシクル ミーティング)のジャージが出来上がりお披露目の

ポタリングとなりました。

フラガールの古里がモチーフとなりハイビスカスや可憐なダンサーが描かれた素敵な

デザインは赤と青の二色あります。

まずは企画した人たちに感謝・感謝。

IBMとはきもけんさん、中原さんを中心にいわき市の自転車チームを横断的に結成した

純粋に自転車好きの集まりです。

pencil

きもけんさんによるとこの日の峠ポタで一番高度が高い場所(745m)だそうな。 

田人町 貝泊地区  

一か月ほど前から行こう行こうと騒いでいた私のために他の3人が付き合ってくれたのです。

また感謝・感謝

広葉樹林があるため、暑い日でも緑のトンネルを走ることができるこのルートは

ピナ男のお気に入りツーリングコースのひとつになりました。

pencil

朝9:00に遠野町のセブンに集合。

きもけんさん、シン総長、たんたんさん、そしてピナ男の4人で走り出したこの日の

ポタリングは笑いの連続で、たいへん楽しいのでありました。

Rdscn4832_r

震災以来倒れたまんまの道路標識。

ここは旧道で、くるま通行不可のため復旧されることはないだろう、おそらく。

Rdscn4835_r

上り基調の道をひたすらペダルを漕ぐとあるお店の暖簾が目にはいります。

田人町にくればこれでしょう。

一心堂のたびとまんじゅうは自転車乗りの定番。

甘すぎず素朴な味が好まれているのです。

Rdscn4834_r

軽くお披露目

Rdscn4836_r

ほとんど車が通らないここは自転車天国。

Rdscn4839_r

Rdscn4840_r

Rdscn4843_r

熊が出てもおかしくない場所だけど舗装がいいので走るのは快適そのもの。

斜度は概ね6~10%ぐらいかな。

Rdscn4847_r

どんどん山深く高度を上げていきます。

Rdscn4852_r

Rdscn4853_r

この木は何の木?

火照った体に木陰がやさしい

Rdscn4854_r

Rdscn4857_r

木漏れ日の中を後は下るだけ ご褒美 ご褒美

Rdscn4858_r

橋の上で周囲の景色を眺める

Rdscn4859_r

橋の上から写す

例の最高地点からは多少のアップダウンの後、一気のダウンヒル約20kmが始まります。

これが、きもこわい(気持ちいいけどトンネルとスピードが恐い)のです。

そのいくつかのトンネルですが、まだ新しいくせに長くて暗いので恐怖心でいっぱい。

ライトとテールランプは必須。

暗いのは節電のためなのでしょうか?

Dcf00036

四時ダム 

Rdscn4860_r

植田町 扇屋の‘冷やしたぬきうどん’

中盛りで十分腹が満たされます。

Rdscn4861_r

常磐線大平山トンネルの真上なり。

振り返ると、私の大好きな新田峠の上り口がある。

新田峠とは戊辰戦争で同盟軍と新政府軍が激突した場所としても知られている。

峠の頂上には近年建てられた茶屋がある。

震災前にクロモリMTBをかついで峠超えしたっけ。

昔の浜街道がそのまま保存されている。

植田駅付近に望遠レンズの砲列があったかと思うと、なんとアンパンマン列車が

ここを通過するのだとか。

Rdscn4862_r

ああ アンパンマン列車 真正面なので車体の状況がわかりません(泣)

Rdscn4863_r

もう馴染みとなってしまった‘大沢の手掘りトンネル’

初めての人は「おお~」といってくれるのがうれしかったりする。

内部が有機的で動物の腸内に見えるのは私だけだろうか。

pencil

この後は各自、自由解散となりそれぞれ家路につきました。

天気に恵まれ同行メンバーに恵まれ素晴らしいツーリングコースのおかげで

今日一日楽しくすごすことができました。

皆さん、ありがとうございました。

ゴルフ後かけつけてくれたはなぴーも ありがとう。

pencil

走行距離:103.17km

« 檜原湖ファミリーサイクリング2012 その二 | トップページ | 仮設住宅に咲く花 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ピナオさん☆おはようございます\(^o^)/
田人!面白そうですね!(*^◯^*)
私的に、ヘビは勘弁ですが…(⌒-⌒; )
お饅頭が、めっさ気になります( ̄▽ ̄)♪
遅いので、恐縮ですが…ご迷惑じゃなければ、今度是非ご一緒してくださいね(^ー^)ノ

たりぃ☆さま
そうですね、蛇は2匹みました。
「ウギャー」って感じでした。

田人の走り方ははなぴーちゃんに聞いて情報収集してからの方が
いいと思いますよ。
饅頭は甘すぎず素朴な味でほんと美味しいです。
また走りましょう。

お疲れさまでした〜
正しい田舎の風景のある田人貝泊地区。いいですね!
辛い坂もみんなでゆっくり上ればそれも楽しい。
ピナ男さんのポタは極上でした。また行きましょう。

華やかな、オリジナリティー溢れるデザインの素敵なジャージですね。
『あるときは“ENDLESS”、またあるときは“IBM”・・・』、怪人二十面相みたいでなんかいいですね。

きもけんさん
‘正しい田舎の風景’まさにピッタリの表現ですね。
子供の頃、私のまわりの田園風景はみんなこうでした。
ほんと心が癒されます。
今でも残っていてくれて感謝の気持ちすら湧いてきます。
いつまでも残っていて欲しいですね。

kojiさん
コメントありがとうございます。
ジャージはあまり派手なのは着ないのですが、これは気に入りましたよ。
いわきに住んでいわきを走った思い出にいつまでも大事にしたいと思います。

田人、貝泊いいですよね。私も好きなコースですよ。
いつも私が走っている反対周りですね。 (^_^)
道が細いのですが、楽しいですね。
特にこの季節は最高ですね。 (^_^)

中原さん
反対周りだと傾斜がきつくないですか?
四時川渓谷沿いに走る四時川林道なんてどうですか?
ロードでも走れますかね。

オおお〜〜! ナイスなジャージですね! とってもいわきチックでお洒落! 男四人が着ているのが、またビミョ〜にいいですね。 女性が着てる姿も見てみたいっすね! 
仲良しでポタリング、ジャージに劣らずとってもお洒落な遊び。羨ましいですね〜

マットシさん
桧原湖アウトドア遊び、ありがとうございました。
デザインした方の力量を感じますね。

ところで、ちっちゃくて軽量(しかも安価)のお手軽カヌー、カヤックセットが気になって
あれ以来ネット検索しています。
何がおすすめですかね~?

私はバイクでその辺りを良く走るので遭遇するかもしれませんねぇ。
皆さんと一緒に走りに行く事が出来ない位貧脚ですから。
貝泊の休憩所?は日曜事に違う食べ物を提供してくれるので中々面白いですよ。


扇屋、個人的にはもう一度大盛りに挑戦して欲しいですね。

俺ちゃんさん
教えてもらって一緒に行ったのが最初でしたね。
大盛りは何とか食べきりましたが、帰りはうどんが口からこんにちはしそうでした。
自分は中盛りがいいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 檜原湖ファミリーサイクリング2012 その二 | トップページ | 仮設住宅に咲く花 »