« ゴーグル | トップページ | ぶらり戊辰と鉱山ポタ »

2012年3月24日 (土)

マーガレットサッチャー 鉄の女の涙

M0000000677_sub4_large

映画を見てきました。

サッチャー政権のイメージとしては・・・

保守、古き良き英国、資本家、大英帝国、英国病にとりつかれたイギリスを

立て直した鉄血宰相といったところです。

それからフォークランド紛争での断固たる態度が忘れられません。

映画でもそこは描かれておりました。

pencil

現在サッチャー女史は認知症を患い、亡くなった夫の名前や首相時代の記憶も

なくなっていると伝えられています。

映画では晩年の彼女の姿が多く描かれており、もっと‘鉄の女’を期待して

いた私のイメージとはかなり違っていました。

pencil

とはいえ、アカデミー主演女優賞を獲得した主演のメリル・ストリープさんの演技は

さすがでありましたしメイクの特殊技術は素晴らしかったの一語です。

« ゴーグル | トップページ | ぶらり戊辰と鉱山ポタ »

映画」カテゴリの記事

コメント

この映画、サッチャー自身がご主人を亡くしてからの
記憶を辿った物だった感じですね。
現在のサッチャー女史を想うと・・・ちょっと切ないと
言うか。。。
でも、現役時代のサッチャーって凄いですね!

みーさん
サッチャー女史が政治の世界を志した時、あの英国でさえ女性政治家は異端視されていたし、
出身の階級も厳しかったんですね。
認知症が進んだのは現役の頃、頭と体を酷使しすぎたからとさえ思ってしまいます。
20世紀を代表する歴史的な政治家の一人なんだと思います。
みーさん映画のペース好調ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴーグル | トップページ | ぶらり戊辰と鉱山ポタ »