« 自転車マンガ | トップページ | ユニクロ行列 »

2011年11月19日 (土)

アラジンの石油ストーブ

アイボリーカラーに塗られたアラジンの石油ストーブを購入して20年になる。

既に退役して今はガレージの片隅にひっそりと鎮座してる。

pencil

レトロなデザインに魅かれ購入した記憶があるが、現在でも営々と販売されているのを知った。

デザインもほとんど変わらない、しかもけっこう高額で取引されてる。

ネットで調べたら現在4~5万円ほどだが、当時は2万円ちょっとだと記憶している。

41c1xpsjrzl_aa160_1

当時と変わったのは大げさすぎるほどの安全ガードぐらいか。

私のはこんな無粋なガードはついていない。

pencil

現在ではファンヒーターが主流だから捨てちゃってもおかしくないんだけれど

なぜか捨てる気にはならなかったな。

暗くした部屋で青い炎を見てると幻想的に見えたりする。

pencil

先日、ピカールで外側をピッカピカに磨いてあげた。

芯出しの部分で多少修理・交換が必要かな。

ストーブの世界でもレストアが必要だったりしてね。

pencil

なぜに今頃石油ストーブなのか考えてみたら、やはり緊急時用にどうしても必要だから。

停電しても暖房と煮炊きに活躍してくれるから。

実際、非ファンヒーターストーブが売り場でほとんど売り切れ状態だ。

考えるのは皆さん同じなんだな。

ホームセンターや家電量販店を数店回ったがすべて品薄状態。

しかたなくネットでポチッとしたのがこれ・・・。

41jqhqnz6yl_aa160_1

TOYOTOMIの反射式石油ストーブ。

アラジンは煮炊きできないが、これならできる。

ふだん使わず非常時用として大事にしまっておこうと思う次第。

« 自転車マンガ | トップページ | ユニクロ行列 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もアラジンのストーブ好きで使っていましたよ。芯も何度も交換しました。 (^_^;A
トヨトミのストーブも親のところで活躍していますよ。
煮炊き出来るのいいですよね。今回の震災では活躍しましたよ。 (^o^)v

変わらぬデザイン、窓から見える青い炎。今はトヨトミ反射式石油ストーブなのですが、対流式のストーブが欲しくて先ごろわたしもネットで物色していました。価格は32,000~49,000といったところでしたが、どこも売り切れ状態。震災以後電気を使わない暖房器具が見直されているという証拠ですね。
お湯が湧かせるからいいかなと思ったのですが、アラジンストーブは頭にヤカンもかけられにのですか。なら、今のままでいいか・・・。

中原さんもアラジン好きでしたか。
雰囲気がいいですよね。
停電、節電が現実的なものになるとこういったシンプルなストーブが必要と
されるんですよね。
今でもアラジンあるんですか?

kojiさん
アラジンのストーブは、実際ヤカンかけても問題ないんですが
なぜかメーカーは推奨してません。
メンテもそれなりに必要ですが雰囲気と視覚で楽しむ商品と思います。
綿芯が幻想的な青い炎を演出(笑)してくれますよ。

我が家もアラジン活躍中です! リビングに鎮座してグリーンのアラジンが青い火を吐いています。
でも温かさは反射式のほうが絶対に上ですよね。
アラジンの頭にやかんを乗せていますよ〜。問題ないと思いますが、、、
ファンヒーターは電気と灯油、どちらも使いますから、もったいない気がしますし、ファンの音がうるさいですから、好きになれません、、、
アラジン、これからも使い続けます、、、

コメント遅れました!

ボクもTOYOTOMIユーザーですよ!
もちろん今年3月は、①暖房 ②調理 ③照明 と、我が家では大忙しでしたよ。
あ、あと、魚の骨をカリカリに焼いて食べたりもします♪

マットシさん
やっぱりね、そんな気がしてました。
アウトドアマンからすればランタン、ストーブと通じるものがありますね。
たしかに反射式の方が暖かいですが、それだけじゃないですよね。
今は車庫にしまってありますが、移動しやすいように木製台座にキャスターを取り付けて
使いやすくしています。
グリーンのアラジンも良いな~。
忘年会お疲れ様でした。

103さん
今年の3月は難儀しましたね~。
人生で初めてのことばかり(水洗トイレの水を川でくんだり水道局に給水で並んだり)
今の便利な生活は当然のことじゃないと思いしらされました。
究極のアウトドアである戦場では軍用車のタイヤを全輪共通にしたりフロントガラスを平面にしたり
シンプルを身上とした仕様が多いです。
震災もある意味戦場と同じですからシンプルイズベストですね。
複雑になると弱点も多くなりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自転車マンガ | トップページ | ユニクロ行列 »