« 歴史ツーリング下見しよう | トップページ | 社会不成立 »

2011年10月21日 (金)

歴史ツーリング下見しようⅡ

中原さん宅に別れを告げ勿来切通(なこそきりどおし)に向かいました。

・・・といっても、地図もなく私のGPS携帯だけが頼り。

茨城側からはどう行っていいのか二人とも知りません。

pencil

この切通は江戸時代の道、大名行列が通った道で当時は重要な道路でした。

戊辰戦争の時も激しい攻防戦がありました。

廃道マニアにはたまらないと思います。

Rdscn4176_r

Rdscn4177_r

住宅地を抜けると舗装が途切れて砂利道に・・・

Rdscn4178_r

ここが茨城県側の切通の入口、トトロが出てきそうです。

矢吹さんは二度目だそうですがその時は逆方向から入りました。

こういうの何だかぞくぞくしますね。

幾多の旅人が息を切らし一息つきながら通過した難所です。

Rdscn4182_r

茨城県と福島県の境界付近  みちのくと関東の接点には看板があります。

鬱蒼とした樹木のせいで昼間でも薄暗い感じ。

Rdscn4186_r_2

こういう風景にスポルティーフは似合うかもしれないなぁ。

それにしてもかなり急な坂道です。

嗚呼スポルティーフが欲しい!!

pencil

ほんとは通過できるのですが震災の影響からか福島県側の除草がまったくされておらず

藪こぎしなければなりません。

ヘビが恐いし、諦めて引き返すことにしました。

Rdscn4190_r

R6に出て新しくできた新鮫川橋を渡ると旧橋が取り壊されている最中でした。

この橋は狭かったなぁ。

役目を終えて寂しく姿を消していくのですね。

写真でしか見れなくなるのはもう少し先です。

Rdscn4191_r

植田町を通過し県道10号を走り渡辺町に向かいます

Rdscn4194_r

矢吹店長が楽しみにしてた‘大沢の手掘りトンネル’

「がけ崩れ通行止め」 という看板がぞくぞく感を増幅させます。

機械掘りにはない感じがなんともいいです。

しかも片勾配ってのがいい。

動物の腸にも似た内部ですが当時の人の並々ならぬ情熱が感じられます。

Rdscn4196_r

足早に回ります、歴史ポタ下見。

ここは浜街道新田峠入り口。

ここでも戊辰戦争の激戦がありました。

私も一度通ったことがありますが当時の道がそのまんま残っています。

ここだけは時間がとまっています。

砲台跡があるということですが、やはりここも震災の影響で道が荒れています。

通過するのは今日はパス。

Rdscn4198_r

Rdscn4199_r

最後はいわき市常磐にある湯長谷藩館跡へ。

激坂を上ると道の両側から武家屋敷の雰囲気がプンプンと漂ってきます。

よく見ると堀跡が残っていますが、知らないとドブにしか見えません。

まあ観光地化されていないところがいいところかも知れませんね。

pencil

この後、内郷の炭鉱遺跡は時間の都合でパス。

常磐の炭鉱遺跡をちらっと見て出発地点の21世紀の森に帰ってきました。

風サイクルの店長・矢吹さんは走りも態度も‘紳士’でした。

pencil

風サイクルの秋のツーリングは10月30日(日)の予定。

おおむね写真に出てきた場所を走ります。

ゆっくりペースなので初心者でも楽に走破できます。

距離は約80kmぐらいの予定です。

走行距離:75.10km

« 歴史ツーリング下見しよう | トップページ | 社会不成立 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ルマン乗ります?

俺ちゃんさん
モトグッチですか?

なんか良いですねぇ〜^^
手掘りトンネルや峠道・・・写真を観てるだけでも
癒されます(o^-^o)
交通量の少ない、自然を満喫出来るところをの〜ん
びりと走れるのって楽しいですよね♪

みーさん、来る?自走?

こういう風景はスポルティフよりランドナーが似合いますね。 (^_^)
ピナ男さんもランドナーにしてはどうですか?
ランドナーで一緒に走りましょう (^o^)v

中原さん
今日は一日憂鬱な雨でしたね。
NAHBSに出品されたHelm Cyclesのランドナーに心奪われています。
「旅する自転車の本 VOL3」に出てるやつです。
いくらするんだろう?

miyata のルマンですよw

なかなかおしゃれな感じですね。今のランドナーって感じですね。 (^_^)

俺ちゃんさん
了解です。

中原さん
日本にない感じですね。
HP見ましたが英語ばかりでさっぱりです。
代理店などあるのかしらって感じです。
やはりTOEIのスポルティーフでいくか。

やっぱ「大沢の手掘りトンネル」いいですね!
前回も気になっていたんですが。
切り通しの路面はロードでは難しいのでしょうか。
30日はちょいと難しそうです。冬場にまた…。

ききょうやさん
ロードでぜんぜんいけますよ。
抜けると中釜戸のシダレモミジを見ることができます。
冬場にでも行きましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歴史ツーリング下見しよう | トップページ | 社会不成立 »