« 二本松サイクリング大会参加 | トップページ | 野分のあと »

2011年9月20日 (火)

今度は花火

京都五山の送り火に続き今度は名古屋の花火。

放射能が飛散するからと岩手の木に続き福島の花火が拒否された。

聞けば震災前に屋内で製作されたものだというではないか。

問答無用の反対運動。

最初から被災地にはイベント参加の声をかけないで欲しいな。

結局ガッカリするだけなんだから。

« 二本松サイクリング大会参加 | トップページ | 野分のあと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

放射能への無知と恐怖から、これからもこんな慈悲もない不条理なことが数限りなく続くのだと思います。じつに腹立たしいことですが、こういう負の力が復興しようとがんばっている被災地にたいしての大きな抵抗になっていくんだと思います。残念なことですが、わたしたちは“まげでらんに”です。

同じ国民として悲しいです・・

がんばれ日本がむなしく響きますね
それを受け入れた主催者も信じられない。毅然とした態度で主催してほしいものです。

kojiさん
もうほっといてくれと言いたいですよ。
こんな結果になるくらいなら最初から何もしない方がましです。
私のまわりでも「失礼だ」 「馬鹿にしてる」という意見が多いですね。
被災地は被災地で頑張るしかないですね。

きもけんさん
世の中、モンスターペアレントとかクレーマーとか
たくさんいるわけですからね。
抗議を受け入れるぐらいなら、最初から何もして欲しくなかったと思います。
きずついた県民は少なくないと思いますよ。

中原さん
2度あることは・・・といいますから
もう一度何かあるかもしれませんね。
既に慣れっこになりつつありますが。

ピナ男さん、ご無沙汰です。
京都府民としてお詫び申し上げます。
送り火の話があった時はやっぱり福島と縁のある人間だったのと京都の特性からいいアイデアと思ってたのですが残念でした。
何かいい方法をメディアでも協力してくれればと思います。

私もこのニュースを聞いたとき唖然としました。
花火で放射能が降ってくる??
確かに世の中には間違った考えを持った人がいると思います。
ただ、主催者がその間違った考えに流されてしまっては、“間違った人”が“正しい人”にすり替えられてしまうのです。
問題のすり替え、責任のなすりつけ。
もっと強いプライドを持って主催してほしいものです。

Fujibaさんが謝る必要はないですよ。
古都京都は今でも憧れの都です。
ただ福島人はもううんざりなんですよ。
原発事故で県民に落ち度でもあれば諦めもつくんですがね。
言われのない風評被害、差別発言。
まるで伝染病あつかいです。

ところで
今年はSUGO走んないの~?
ピナ男は4時間ソロに挑戦します。

HRT-Naokiさん
花火反対した方はきちんと放射能の知識あるんでしょうか?

明治時代、電信柱にかかる電線に荷物をぶら下げたお婆さんが
いたらしいです。電線を伝って荷物が動くと思ったらしいです。
それと大差ないような話だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二本松サイクリング大会参加 | トップページ | 野分のあと »