« 体重前年同月比 | トップページ | なでしこバンザイ!! »

2011年7月16日 (土)

ミミズ

アスファルトの上を早朝自転車で走っているとミミズがあちこち死んでいる。

地中から出てきたばかりのやつもいて、熱くなりかけの地面をのたうち回っている。

地中にいれば死ぬことはないのに。

朝練で走るとき避けるのがたいへんなのだ。

実際、庭の草むしりをしてると、お呼びじゃないのに音に反応し突然地表に出てくる

時がある。

道路に出てくるミミズの行動は不可解だ。

細胞でいうアポトーシスのようにミミズそのものが計画的に死を選んでいるのか。

ミミズは土壌改良の神様みたいな存在だし植物や人類に欠かせないので惜しい

気がする。

Rdscn3745_r

韓国の国花ムクゲがきれいだ。

Rdscn3744_r

アリさんも元気だ。

なでしこジャパンの快進撃が素晴らしい。

初の決勝進出 バンザイ!!

相手は米国だ。日米開戦前のように冷静に日本の弱点を分析してるのかな。

あの国はそういう国だよ。

バイトしながらサッカーを続け月10万円で暮らす方もチーム内にいるという。

女性力だなぁ、日本は。

負けてもいいから全力を出し切って欲しい。

Rdscn3746_r

今読んでるのがこれ。

過去に何度も来てるんだよね、津波は。

3月の津波と同じ悲しい情景がこの本に出てくる。

同じことの繰り返しだ。

とにかく語り継ぐことが大事とNHKの津波特集でもいっていた。

千年に一度とか、想定外だったとかいって東電は責任を逃れようとしても無理。

歴史研究をまともにしてなかったということと、津波の危険性を何度も指摘されてたのに

無視してきたのが原因だ。

人災。

福島県内から出荷された肉牛から放射性物質セシウムが基準オーバーで検出。

風評被害から実害になった。

福島の農畜産物はもう終わりなのかな。

実害が出たら福島県民であってもなかなか買うことはないだろう。

福島原発から80km~150km離れた場所の稲わらから検出ということは

同心円上の20km30kmのなんとか区域なんてあまり意味ないよな。

首都圏でもホットスポット汚染はあるみたいだし。

開いてしまったパンドラの箱はどうやって閉じるのだろう。

朝練

7/15   21.33km

7/16     21.98km

体重:68.2

体脂肪率:20.3

筋肉量:51.6

内臓脂肪レベル:11

基礎代謝量:Kcal/日:1.487

体内年齢:35 

« 体重前年同月比 | トップページ | なでしこバンザイ!! »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ミミズの一件、わたしも“ピナ男さん”と同じような経験があります。
http://blog.goo.ne.jp/koji5678/e/d39066ed010f1cb8a003c8d1ef0b5320
みちのく自転車道に累々と続くミミズの死骸・・・。みちのく自転車道のミステリーでした。
牛肉のセシウムの問題、当初は放射性ヨウ素が測定値を大きく押し上げていたのでしょうけれど、問題の藁はセシウムが1キロ当たり50万ベクレルなんて報道されていますよね。水素爆発などで大量に飛散した放射性物質を、政府は県民の混乱を避けるために意図的に隠したなどと言っていますが、なるべく不要な外出はしないように等と言っていた頃、もはや相当問題の量が飛散していたんですね。その後も正確な情報を流さずひた隠しにしていた結果の事件です。まったくヒドイ話です。

kojiさんのミミズの記事ですが、早速当時の2007年記事見てみました。
季節も丁度今頃です。自然界は同じことの繰り返しなんですね。
どうして自ら死を選ぶのか不思議。

そしてこの日のhideさんのコメントに出てくる‘夫婦でサイクリング’の記述は
私ども夫婦のことでした。懐かしいです。

放射能拡散の件ですが、原発爆発後断水でいわき市の浄水場に並んだ深夜、頭の上に放射能が降っていたのかと思うと非常に残念です。
あの夜は小さな子供たちも親に駆り出されてましたからね。

米国が主張していた‘80km圏内は危険’の意味がようやく分かりました。
私たちは母国の政府にも騙されていたことになります。

私たち大人はいいですが小さな子供たちが大人になった時、ガンが多発したら
いったいどう説明するんでしょうかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 体重前年同月比 | トップページ | なでしこバンザイ!! »