« アクアマリンふくしま 復旧途上 | トップページ | 七本松と風サイクルのミニベロ »

2011年6月 5日 (日)

いわき戊辰の戦い~二ッ橋古戦場~

Dcf00024

Dcf00025

「仙台藩戦死者の碑」

小名浜港から北西に自転車で数キロ走ると二ッ橋がある。

藤原川と矢田川の合流点にかかるこの橋のたもとには「仙台塚」がある。

戊辰戦争時、戦闘で命を落した仙台藩士をまつる石碑があり地元の人はそう呼んでいる。

私は最近まで知らなかった。

戊辰戦争は会津や二本松、長岡だけではないのだなぁ。

倒れている石碑は先日の余震のためか。

塚はロープが張られ立ち入りが制限されていた。

Dcf00027

二つの川の合流点なので、たぶんこのあたりが戦場。

西軍は俯瞰して撃ったというが高所はどこ?

戊辰戦争いわきの戦いに応援にやってきた仙台兵と薩摩・備前藩兵の戦い。

中之作港に上陸した仙台藩兵が泉城救援に向かう途中、待ち伏せしていた薩摩・備前兵

に高所から射撃され多数の戦死者が出た。

多数の敵兵に射程距離の長い高性能な銃でねらい撃ちされてはたまらない。

身を隠す場所もなく三分の二の兵を仙台側は失った。

中之作港でも戦闘があり合計73名の戦死者が葬られている。

その後、救援するはずだった磐城平藩の敗色は濃厚になり戦線は海沿いを北に移動していく。

北の戦線といえば・・・・

広野町、Jヴィレッジのある楢葉町、そして富岡町など。

福島原発の事故で立ち入りが制限されている地域は現在別の意味で戦場になっている。

この後は矢田川沿いに堤防を走り七本松の古戦場(鹿島町走熊)に向かう。

« アクアマリンふくしま 復旧途上 | トップページ | 七本松と風サイクルのミニベロ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ピナ男様、こんばんは。ご無沙汰しております。
懐かしい場所ですね。私も磐城の戦いに興味を持って調べてから気が付いた場所です。メイン道路から少し入った所にある碑も、地元の人に聞いて初めて分かりました。
官軍が銃撃した場所は多分、写真の左手奥辺りの高台かなと思っています。知り合いが神社の辺りと言っていた様な気がしますが記憶が定かではありません。地形がどの程度変わったかにもよりますが。
七本松の場所も現在地より少しずれた位置にあったようです。古地図があれば分かり易いかも。
図書館が使えれば文献もそれなりにあるので、調べると面白いかもです。
スポッツ

スポッツさま
湯本の町も地震の被害が大きいですね。
新高パン屋さんの工場も取り壊しです。

仙台塚、最初に来た時は見つからず今回は地元の人に聞いて場所がわかりました。ここから矢田川沿いに北上しました。
途中、砂利道がありましたが古いとはいえマウンテンバイクなので大丈夫でした。
この後、七本松の史跡に向かいましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アクアマリンふくしま 復旧途上 | トップページ | 七本松と風サイクルのミニベロ »