« スカイライン | トップページ | 竹に異変? »

2011年5月21日 (土)

人生初のぼり 磐梯吾妻スカイライン

ちょっと大げさなタイトル?

子供の時からそれこそ長~い間、磐梯吾妻スカイラインは自動車で訪れるものだと

脳細胞にはインプットされていた。

車重7~8kgのちっぽけな乗り物は二酸化炭素も排出せず、化石燃料を燃やさず

しかも脂肪まで燃焼させてくれる。

嗚呼!ありがたやである。

風評被害で観光客は少なくても自然はやはり美しい。

Dcf00024

レイクラインから見る秋元湖  マットシさんいるかな?

いわき市と東京をホームに自転車を楽しむ‘きもけんさん’の主催ツーリングに

参加させていただくことになった。

pen

参加者12名。

朝8時に猪苗代町の運動公園に集合した後、県道323号線(野老沢川桁停車場線)を北上し

県道115号へ合流。

少しずつ高度を上げながら吾妻小富士が見える浄土平を目指す。

ちなみに長い直線をもつこの県道323号線はそのむかし川桁~沼尻の間を鉄道が

走ってました。地名に当時の名残が残っています。

pen

浄土平から下山後はレイクライン~五色沼~猪苗代町のルートで全部の距離は100kmほど。

Dcf00007

中原さんのプリウスの上によくぞ載った3台。

積み方でもう1台載るらしい。

pen

愛用のコンデジが事情で使用不能のためデジイチを持っていこうと思ったが重さと上る

坂道を考えて断念。

ケータイカメラでの撮影になったが1320万画素と今の携帯カメラの画質ってすごくいい。

Dcf00011

この辺りはまだ大丈夫って何が・・・・霧ですよ。

脚もまだ残ってます。

Dcf00013

中原グループも頑張る!

Dcf00014

一度払ってみたかった150円

Dcf00016

あ~もう霧で50m先が見えません。

前後のライトがないと危険です。

みんな元気ですが景色が見えるともっと元気かも。

pen

中学生のAYU君は達者だったな。

おじさんたちにも負けずスイスイ登って行く14歳は笑顔がとてもかわいい。

愛用のメリダに搭載された音楽プレーヤーから流れる音楽におじさん達は

大いに元気づけられたよ。

斜度10%超の上り坂で苦しみながら聴く演歌の「兄弟船」は格別だったな。

松田聖子の後は重厚なクラシックの曲だったりして変幻自在だ。

Dcf00017

そうそう、自分もこの前で写真を撮りたかったんだ愛車と一緒に。

きもけんさんが場所をゆずってくれました。

スカイライン道路最高地点(1622m)。

Dcf00019

そば定食 浄土平の2Fレストランにて

山菜の天ぷらが美味であった。

この日の浄土平は凶暴な風が吹きまくっていた。

恐ろしいぐらい。

旋回中に強風に煽られる下りのコーナリングがまた怖かった。

Dcf00022

けれど、下山途中にだんだん晴れて暖かくなってきた。

Dcf00026

レークラインにある中津川渓谷レストハウスにて休憩。

お約束のソフトクリームを食べてる間、ず~と虫の攻撃が続く。

中には刺すのもいて油断できない。

ペダルを回していても小虫に刺されるので困った。

上りで時速10km以下だと刺されるらしい・・・・というのは冗談としても

走行中かなりやられた。

Dcf00027

きれいだなぁ 中津川渓谷

Dcf00029

小野川湖

Dcf00031

五色沼にちょっと寄り今日の〆

Dcf00032

ここからは斜度2~3%の一気の下りが始まる。

気分爽快の御褒美ラン。

そして朝いちで走った鉄道の廃線跡道路(県道323号線)でタイムトライアルが誰から

ともなく始まった。 

必死にペダルを回すもスプリンター諸氏の背中は遠くなるばかりなり。

走る自動車もなく右手に雄大な磐梯山を見ながら走るのは幸せそのものだ。

きもけんさんがおっしゃる「自転車天国福島」はあながち間違いではないのかもしれない。

一緒に今日走ってくれた皆さん 本当にありがとうございました。

また一緒に走りましょうね。

走行距離:100.42km

« スカイライン | トップページ | 竹に異変? »

自転車」カテゴリの記事

コメント

初スカイラインおめでとうございました。生憎のお天気だったようですがみんなで走れば楽しさも倍加されていい時間を過ごされたようですね。スカイバレーを登ってしまう“ピナ男さん”ですからスカイラインの坂はそれほどではなかったでしょうけれど、それでもスカイラインを制したという達成感は十分ありますよね。新緑の裏磐梯も綺麗ですね。

楽しかったですね。登っているときは下りもこの調子なのかなと心配でしたが、回復して良かったですよね。
ゴールドラインを走れなかったのは残念でしたが、それはGF福島で一緒に走ると言うことで(^_^)
来週も楽しみにしていますね。

おつかれさまでした! すごいですね〜、いきなりスカイライン、レークラインの両ラインを制覇とは!! さすがピナ男さん。そしてお仲間の皆様と愉しいライドの様子、羨ましい限りです。みなさんいいお顔です。やはり、あらためて思いますに人というのは、充実しているときはいいお顔をしてるんですね! その時間が長ければ長いほどいいお顔が固定されてくるのではないでしょうか? だからみなさん、いいお顔なんだと思います!!
さて、残念ながら秋元湖には実物の僕は居ませんでした、、、仕事でしたから。でも心はいつも秋元湖に置いてあります。 笑
レストハウスの2階ってあったんですね! し、知らんかった〜〜〜
今度登ったらそばでも食べたいなあ〜。
ここで一句、
坂登る 皆の吐息が たのもしく 嬉しくもある 自転車の友。
               なんちって。

お久しぶりです。
土曜日は近くを走っていましたがお会い出来ませんでした(ヘタバっているところを見られず済みました)。
Nさんのコメントでは、ピナ男さんもGF参加なんですね。フルコースでしょうか?間違ってハーフ参加の場合にはよろしくお願い致します。私は高湯の登りを試走して泣きが入りました。

お疲れさまでした〜
自分で作ったルートでしたが坂が多かった(-_-;)
でもみんなで上れば頑張れますね!私も初スカイライン&レイクラインです。
心残りはゴールドライン?
最後のアタック合戦は廃線跡だったんですね!
また自転車天国福島企画考えますので一緒に走りましょう。
ありがとうございました。

お疲れさまでした〜
自分で作ったルートでしたが坂が多かった(-_-;)
でもみんなで上れば頑張れますね!私も初スカイライン&レイクラインです。
心残りはゴールドライン?
最後のアタック合戦は廃線跡だったんですね!
また自転車天国福島企画考えますので一緒に走りましょう。
ありがとうございました。

お世話になりましたぁ〜^^
楽しかったですねぇ♪
私には最後の修行が無かった事が一番嬉しかった
です^^v(笑)
また師匠に騙されながら御一緒宜しくです(*^_^*)

kojiさん
わ~うれしいコメントありがとうございます。
ほんと自転車で浄土平に行けるなんて感激でした。
あの濃霧と小雨で、一人では心が折れたと思います。
皆が一緒だったから上れたと思っていますよ。
kojiさんが上った時の気持ちが少しわかったような気がします。

中原さん
昨日はお世話になりました。
たの苦しい思い出もありがとうございました。
ところで足かゆくないっすかー?刺されたとこ。

マットシさんの聖地を僕も訪ねることができました。
ペダルを回せば浄土平に行けるってのは新鮮な驚きでしたね。
自転車始めて4年ですが初心に帰った気がします。
でも高湯ルートはまだなのでいつか走ってみたいですね。
これから裏磐梯は最高の季節です。

ヘレンさん
近くを走っておられたのは知ってました。
お会いしてれば四倉以来ですかね。
高湯ルートは難易度高いですよね。
ヘレンさんに泣きが入るなんて容易に想像できませんよ。
中原さんは山菜採り三昧でした。

きもけんさん
いやー 楽しかったですねぇ。
いい思い出になりました。
印象に残ったのはロバートさん、きもけんさん ご兄弟の仲の良さ。
そして平地での圧倒的なスピード。
仲が悪い兄弟姉妹なんて世の中たくさんいるのに
自転車のおかげでさらに絆が深まっていると感じましたよ。
また機会があればご一緒させてくださいませ。

みーさん
最後の修行がなくなってピナ男もホッとしました。
強風、寒さ、雨と思いやられましたが無事帰ってこれて何よりでした。
また日常が始まってしまいましたが、たまには息抜きしましょうね。

息子が、お世話になりました。
ピナ男さん、最初はまじめな人だと思ったのに・・・
息子の感想です(笑)

まゆまゆさま
とにかく めんこい息子さんですなぁ。
まっすぐ伸びていって欲しいです。

昭和な曲って若い世代には新鮮なのかもしれませんね。
今度は一緒に上りましょう。

スカイライン登頂おめでとうございます。
最高点のあの数字いいですよねえ。登ったって実感があって。
いわきも落ち着いてきたようですね。

ききょうやさんの庭みたいな裏磐梯を走ってきました。
いつかは・・・と思っていましたが、実際登れてしまって
感動しております。

いわきは落ち着いてきましたが、自衛隊車両、仮設住宅、原発作業員が
泊まる宿舎、避難住民のいらっしゃる宿舎を見るにつけ、まだまだこれからだと
いう思いです。

過酷そうな道のりですね。大変だったでしょう。
スカイラインだけでなくレイクラインの風景も美しいですね。
コースはいずれもハードですが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スカイライン | トップページ | 竹に異変? »