« 友からの電話 | トップページ | 「JIN-仁-」 »

2011年4月24日 (日)

雷雨

久々の自転車ネタ。

でも震災がらみ。

前回は橋が被災し行けなかった四倉町方面へ。

部分的には海沿いの道を走れることを風サイクルさんに聞いた。

高校時代の同級生S君ち、昨年訪れた大谷競輪選手養成所は

無事だったのだろうか。

Dscn3551

出発前、‘俺ちゃんさん’が訪ねてきた。

ロッシンの組み上げが終わったとのこと。

細身のクロモリフレームはやはりかっこいい。

立ち話の後、出発!

Dscn3553

海岸線に向かって一気に高台を駆け下りると津波被災エリアにつく。

あぁ やはりなぁ。

お世話になった人も多いはず 「平ユースホステル」も被災したが建物は残った、復旧途上。

一昨年、チームのBBQでお世話になった場所だ。

Dscn3564

行ってみると同級生宅、大谷さんの養成所の建物はあった。

けれど無人、床下ぐらいまでは浸水したような。

とりあえず良かった。

その近くの仁井田川の堤防には震災の傷跡がくっきりと。

これは断層?

ほっとけば台風で決壊の恐れあり。何とかしないと。

海沿いの道(県道382)を北へ。

Imgp3552_r

開業して日が浅い「道の駅よつくら港」も被災した。

Imgp3548_r

Dscn3574

Imgp3553_r

R6を超えて津波は来た。鯉のぼりが悲しい。

四倉の旧市街は浜街道の手前まで津波が来た痕跡があった。

Dscn3579

江戸時代の道 浜街道を走って帰る。 

雲行きが怪しくなってきた。

家までもつかな? 雨がポツポツと。

必死に走ったが自宅まで数キロのところで雨が強くなった。

雨宿りをしようにも丁度いい場所がまったくない。

雷雨。

携帯で連絡がつき家内が軽自動車で迎えに来てくれた。

「とりあえず可哀想だと思って。」

何とか前後輪をはずし積み込み家路へ。

いろいろと世話ばかりかける人生。

走行距離:43.51km

« 友からの電話 | トップページ | 「JIN-仁-」 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

まだ久之浜〜四倉方面は震災後行ってません。
いろいろ聞いてますがやはりかなりの被害ですね。
GW後に行ってみるつもりです。

よけいな時間をとらせてしまい申し訳ないです...。

きもけんさん
ピナ男も久ノ浜から北に行ってみたいです。
R6はJヴィレッジまでは行けるとのこと。
久ノ浜の味のある木橋は流失したとか。

我々が走った旧道(浜街道)はどうなったのか
見てみたいです。
早く原発が収束しまた自転車で走れる日が来ることを
夢見ています。

俺ちゃんさん
なに、いいってことよ。
それよりいつも名車を見せていただきありがとうございます。

私事ながらパリカーボンの家庭内借金を完済し気分晴れ晴れです。
少しずつ小遣いを貯めて次期FXの選定に入ります。

ってなんだか最近ミニベロが欲しくなりました。

奥様優しいですね。
おもわず誰かのブログで山中でマシントラブルをしたときに奥様に連絡したら「そんな怖いところいけない」と断られたのを思い出しました。(^_^;

中原さん
まあ、ケースバイケースってことで。
今回は放射能の雨が心配だったようです。

被災… 気が重いです、壊れた物置や屋根など忙しくて手が回り切れません。
画像一枚目のクロモリ!スッキリとした感じで引かれます。ヘッドがかなり直立して、Fフォークでキャスターを出しているので年式的には古風と思います。でもWレバーでもないし??

リチャードさん
自宅被災されたんですね。
屋根は瓦が不足し修理の順番待ちが3年かかるそうです。
お見舞い申し上げます。

さすがリチャードさんです。
一目でいろいろわかるんですね。
持ち主の俺ちゃんさんはマニアでもありメカも相当くわしいです。
乗るよりいじる方が今は好きなようです。

88か89の頃のフレームですね。イタリア製品は規格がめちゃくちゃなのではっきりとした年代が判らないんです。
古い自転車でもリアのエンド幅が130位あったり、新しめの車両でも120というトラックみたいな規格が有り、
謎だらけです。

時期FXは何になるのでしょうか?
パラディオはばらし始まりますが。

さすがイタリア、適当だけど魅力的!
奥が深そうです。
次期FXといっても機種は未定です。(貯金高しだい)
パラディオはお任せします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 友からの電話 | トップページ | 「JIN-仁-」 »