« 風評被害 | トップページ | 地震酔い »

2011年4月 9日 (土)

悲しい記事・・・「福島県民お断り」

「ハア?」

信じられないような記事が新聞に載って思わず目がテンになってしまった。

今どきこんなことする人いるの、この日本に。

Dscn3468

福島民報 4月9日記事

pen

五十代主婦の投稿。

運送業の夫が仕事で静岡県に行った際、給油所に「福島県民お断り」の看板が

あったそうだ。

まさか!

ウソだろう。

コンビニやレストランの入店も断られたという。

もちろん放射能による風評を意識してのことだろう。

pen

これが同じ日本人のすることかと思う。

公民権運動時代のアメリカみたいだ。

ホテル、学校、公共機関、交通、結婚の分野で黒人を差別した暗い時代。

アパルトヘイト時代の南ア?

もしくは伝染病患者か 福島県民は?

被害者なんだぞ、自由に国内旅行もできないということか。

pen

ところで静岡県といえば、将来東海大地震が想定される地域ではないのか。

もし今度の大震災に匹敵するような大地震が発生して(起こらないで欲しいが)

中部電力浜岡原発が被災し静岡県民がまったく同じ立場になった時、

他県で「静岡県民お断り」という看板を目にしたらどう思うだろう?

それと同じことだ。

相手の立場に立って考えればわかるだろうに。

他にも車に落書きされたり、宿泊を断られたという報告が届いているという。

pen

福島県に住む人は何も悪いことをしていない。

福島原発で発電したすべての電力は首都圏に供給されている。

頼んで原子力発電所をつくってもらった覚えはない。

むしろ大多数の県民は原発は大迷惑だと昔から思っていた。

なのに県土は放射能に汚染され、いわれなき差別を受けている。

この記事が誤報であることを切に願う。

« 風評被害 | トップページ | 地震酔い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

福島ということで、ホテルで宿泊を断られたなんていうことがありましたね。放射能をいたずらに恐れるあまりの無知な行動だと思うのですが、福島原発の被害者にとってまた福島県に住んでいる人たちにとって、同じ日本人としてはあまりにむごいことですよね。
このような風評被害を避けるために政府は正しい知識と現状を国内に徹底させることが急務だと思います。ただ一般人ならいざしらず、ご商売をなさっている方々の認識がこの程度なのにはほとほとあきれます。ガソリンスタンドやコンビニやホテル業に系列の頂点から正しい知識に基づく徹底した情報伝達と指導が必要だと思います。
こうして世界から応援が届いているというのに、自国内で被災者や避難者に対してさらに追い打ちをかけるようなことがあっていいはずがありません。

kojiさん
まったく悲しいし悔しいですね。
こういう看板たてると何かいいことあるんですかね。
よく意味がわかりませんです。
別に原発も放射能も望んだわけではないのにね。
もう少し配慮してくれてもいいと思います。

これでは「ひとつになろう、日本!(福島県を除く)」ですね。
せめて子供たちが差別されないことを願うのみです。
むかし、広島出身と言うだけで結婚できなかったひとも。
ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ…ですか。

ききょうやさん
どうも強力な伝染病と一緒にされているきらいがありますね。
放射能から逃げまどい、放射線量に一喜一憂する姿には言葉もありません。
もうすぐ5~60km圏も退避ということになるんでしょうか?
人間だったら、それを見て普通は‘哀れ’と思うんですがね。
‘店に入るな’ですから。
自分の目で見たわけではないですが、もし本当なら‘福島県民お断り’看板
一生忘れません。

言葉が出ません。
大好きな福島がそんな目にあうことも信じられませんが、ピナ男さんが言うように「自分がその立場だったら」と考えれば手を差し伸べることこそしても入店拒否なんてのはありえません。

103さん
いろんな人がいますからね。
実際に看板見たわけではないですし。
103さんにそう言っていただいただけでも気が晴れました。
放射能の心配がなくなったらまた福島に遊びにきてください。

自分がその立場になることを考えられない人は多いですね。
放射能が伝染するわけもなく、ほんと風評は酷いですね。
全然一つになってないですよね

ピナ男様、こんばんは。
嫌な感じの余震が続き気が滅入りますね。

現在、湯本町は復興の為の各業種の作業員達が泊まる前線基地になっています。その中には、原発で働く方達もおりますが、当然放射能検査はしており安全なのですが、地元にも過剰に反応する人がおります。
放射能騒ぎの当初は茨城県へ買出しに行ったいわきの人間が地元農家に迷惑がられ怒鳴られたとか聞きます。
福島の人間は関東圏の人間に差別を受け、関東圏の人間は関西圏の人間に差別を受ける。関西やその他の地区の日本人は海外から差別を受けると笑えない状況があります。

海外といってもかっての太平洋での原水爆実験、アメリカのネバダ州での核実験、ロシアのチェルノブイリ、中国の核実験と既に世界中が汚染されているのを知らないのがなんとも。

しかし、かって広島から学んだ核の悲劇や被爆者差別について深く考える事が出来たのは、それはそれで勉強になったかも知れません。
スポッツ

スポッツさま
何とも悲しくて、くやしい記事でした。
日本人はもともと差別が好きな人種かもしれませんね。
関東大震災の時、多くの朝鮮人が根拠のないデマによって
虐殺されたといいます。

その朝鮮の人たちだって望んで日本にやってきたとは限らない。
無理やり他国に連れてこられて殺される。
こんな酷いなことはありません。

在日朝鮮人の方たちがいまだに怨念を抱いているのは
そういう過去の歴史がコミュニティーの中で代々受け継がれて共有されて
きたからではないでしょうか。

差別した方、危害を加えた側は忘れてしまっても。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 風評被害 | トップページ | 地震酔い »