« 福島第一原発事故 | トップページ | 震災と爪痕 »

2011年4月 1日 (金)

震災と暮らし

今度の震災で被害はほとんどなかった我が家だが、ほんの少し苦労もあった。

やはりライフライン。

<水編>

Dscn3401

断水のため深夜のいわき市浄水場の給水行列。

午前2時ごろまでポリタンクを手にした行列があった。

寒い、眠い、痛い(腰)が行列には不思議な連帯感を感じた。

4時間半並んだ記憶。

Imgp3486_r_2

水が貴重なのでトイレ用のは川で汲みました。

当然、私も。

ちょっと情けないが避難している方たちに較べればなんということもない。

Dscn3403

福島市でも断水  

車のガソリン節約のため給水エクスプレス ハンターカブ号出動!

<ガソリン編>

Dscn3418

ガソリンといえば被災地ではスタンドに並んだ方も多いと思う。

さんざん並んだあげく目の前で販売終了、給油できても金額や量の制限があった。

1~2Kmの長さの列は普通に見られた。

<構造物編>

Dscn3407

Dscn3406

心配だった明治時代の石橋‘めがね橋’はなんとかふんばってくれたようだ。

欄干に多少のズレが生じたが修正できそうな感じ。(福島市 松川町)

Dscn3413

よかった、これも無事だった。

江戸時代の道路標識 六地蔵 (同市)

Dscn3422

よく見かけたよね。

Dscn3423

福島市内の妻殿の実家の石塀もご覧のとおり倒壊。

ご近所の石塀はみな同じ運命に。

けが人が出なくて良かった。今度はフェンスにするそうだ。

Dscn3427

磐越自動車道はこのような波打ち状態になっている箇所が多い。

すさまじい地震のエネルギーを感じる時。

応急補修は済んでいるが本格的に直すにはどうするんだろう?

<ヘリ編>

Imgp3487_r

Imgp3488_r

Imgp3489_r

Imgp3490_r

Imgp3493_r

Imgp3494_r

Imgp3495_r

Imgp3496_r

Imgp3500_r

我が家の上空はヘリがよく飛んだ。

いろんな形のヘリがあるもんだ。

救援のため仙台方面に向かうんだろうか。

pen

ほぼ忠実に屋内退避を守っていたため写真は限定的。

震災後一度も行ってない いわきの海岸線を今度は見に行きたい。

あの美しい防風林、海岸線、漁港。 私の古里。

見ない方が良いような気もするが。

« 福島第一原発事故 | トップページ | 震災と爪痕 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福島第一原発事故 | トップページ | 震災と爪痕 »