« 「遊撃隊始末」 | トップページ | 大沢の手掘り隧道と瀬峯古道 »

2011年2月 5日 (土)

戊辰の戦場を訪ねて~新田山散策~

新田山、新田宿、‘にった’ではなく‘しんでん’と地元の人は呼ぶ。

磐城の戊辰戦争の中の‘新田山の戦い’があった場所。

平潟に上陸し進攻してきた新政府軍とそれを迎撃せんと山上に陣地を築いていた

列藩同盟軍が激突した場所である。

地元の人でも知る人は少ない。

どうしても訪ねたくなり行ってしまった。それも自転車と一緒に。

Imgp3343_r

ここが江戸時代の道 浜街道・新田坂(峠)への入口。

いわき市渡辺町田部地区  相棒はクロモリMTB‘ペガサス’だ。

そそるぜ、この暗い坂道。不安と期待が入りまじり、ぞくぞくしてきたぞ。

この先ははたしてどうなっているのか。

Imgp3344__r

まだ舗装はされてるが落ち葉が厚く積もっている。傾斜はきつい。

Imgp3346__r

Imgp3347__r

Imgp3348__r

あらら まさに江戸時代にタイムスリップ?

Imgp3351__r

だんだんと道が細くなり、倒木も現れた

Imgp3352_r

奥の細道かよ?

Imgp3353_r

Imgp3354_r

10年ほど前に言い伝えをもとに再現した峠の茶屋だそうだ。

Imgp3358_r

Imgp3359_r

Imgp3363_r

Imgp3364_r

一瞬、陽光が横から差してきた。

夕闇がせまってきたがまだ出口は遠い。

Imgp3356_r

木立の向こうには快適な現代の道があるのに、なぜ苦労して昔の道を辿るのか。

自分でもよく分からなくなってきた。

Imgp3369_r

これが道か?しかも街道か?今でいえば6号国道に相当するだろうに。

Imgp3372_r

大名行列も通過した峠。

こんな巨大な岩を乗り越え大名駕籠は通過したと思われる。

Imgp3374_r

ようやく明るくなってきた。出口は近い。

お~い 帰ってきたぞ~って誰に向かって叫ぶの。

よもや誰もいないと思っていたら鉄道ファンがここから写真を撮ってたのに遭遇。

不思議そうな顔で山から出てきた私を見ていたのが印象に残った。

Imgp3376_r

Imgp3377_r

常磐線上下線が仲良く並ぶ大平山トンネル。

峠の出口はこのトンネルの真上に位置している。

すっかり江戸時代の頭になったのを切り替え次の場所(大沢の手掘り隧道)を目指す。

ちなみに、この新田山の戦いについてはこの方の記事に詳しい。

http://spottedseal.at.webry.info/200902/article_2.html

« 「遊撃隊始末」 | トップページ | 大沢の手掘り隧道と瀬峯古道 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

スーパーカブで走った記憶が有りますね。

私好みの道ですね。(^_^)こういうポタも良いですよね。(^_^)去年の今頃はこんな道ばかり走って居ました(^_^)

高萩ポタは仕事で行けなくて残念!
MTBを持ってませんがいい道ですね〜
でも東京近郊にはこういう林道が有りません・・

俺ちゃんさん
ここをスパーカブで?
あの倒木がある場所をカブ持ち上げてですか。
さすが俺ちゃんさんです。
株(カブ)が上がりましたね。

中原さん
高萩ポタの前日は一人でこんなことして遊んでました。
まったくおバカです。
道は道ですが押しが9割、担ぎが1割。
自転車で行った意味がよくわかりません。

きもけんさん
高萩ポタは残念でした。
廃道にも少し興味があるので行ってみました。
暖かくなると、この世で一番きらいな蛇が出るので
こんな事は寒い時期限定ですね。
MTBなんて関係ないですよ。
押しと担ぎで終わりでしたから。

「押し」でも「担ぎ」でも価値は変わらず。
古戦場萌えですね。
シングルトラックもまたとてもよい感じですね。

ききょうやさん
ミニエー銃の銃声は聞こえませんでしたが
充分幕末の雰囲気は味わえましたよ。
自転車かついで山道歩いている時、わりと幸福でした。
やはり私は変人かしら?

ピナ男様、こんばんは。ブログをご紹介頂きありがとうございます。
遊撃隊に感心を持っていただけて嬉しいです。
いわきでも戊辰戦争があった事を知らない方が殆どかと思われますが、確かにこの地で激戦が繰り広げられました。新田峠は磐城の戦いの攻防の要になった場所。
木更津の脱藩大名・林忠崇が敵に囲まれ、夏草の生い茂る中を鰹節を齧りながら脱出した場所でもあります。
こんな狭い所で大砲や銃を打ち合ったのも今では信じられないくらいです。
今は冬ですがまさに「夏草や兵どもが夢のあと」ですね。
それにしても、ここを自転車で走破するとは凄い!
スポッツ

スポッツ様
前から行ってみたかった場所でした。
時間軸は違えど場所は当時と同じ、景色も同じ部分があったかと思います。
それにしても参勤交代の時にここを大名行列が通過するのは至難の業と感じました。
あの大きな石がある場所をどうやって大きな籠が超えたのか想像すると
当時の旅の苦労が偲ばれました。
近いうちに勿来の切通しを訪ねたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「遊撃隊始末」 | トップページ | 大沢の手掘り隧道と瀬峯古道 »