« タイヤ交換 | トップページ | 「遊撃隊始末」読了 »

2011年2月20日 (日)

湯の岳ヒルクライム(裏ルートバージョン)

Dscn3363

こんなはずじゃぁ なかったんだけれど。

福島市から、雪のないいわき市に来てたくさん走るのを楽しみにしていた

kitさんご夫婦には気の毒なことをした。

この状態ではね。  。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

pen

最大斜度19%、平均12~13%ではピナ男は歯が立たない。

思わず痛恨の押しが入ってしまった。

押しながら登って行くとこんな風景が・・・。

押しの理由を雪のせいにしてしまってもいいかな?。

表ルート以外にこんな道があるとは知らなかったが、日陰が多く冬季は凍結ポイント多し。

数年前に舗装されたというので路面は荒れてはいない。

しかし折れた枝や落石の大きなやつも目立ち、この道路の位置づけは

いったい何なのだろう。

pen

ところで

本日のルートは、北茨城市の大津港を出発、田人町~遠野町~常磐湯本~

小名浜~泉~大津港。

ピナ男は途中乗車、途中下車で参加させてもらった。

Dscn3352_2

Dscn3356

遠方からわざわざ買いに来るという‘たびとまんじゅう’

薄皮に包まれた、甘すぎずあっさりとした餡子が好みだ。

Dscn3357

Dscn3361

Dscn3364

Dscn3366

日当たりがいい側は雪はなし。

この後、一気にダウンヒル。

Dscn3369

常磐湯本駅前の「海幸」でお食事。  刺身定食1000円也

元は魚やさんであるこのお店は素材が新鮮そのもの。

たべログの高得点をマークしてるお店らしい。

Dscn3370

先日の中原師匠の記事で食べたくなり、ピナ男は海幸定食にした。

見たとおりすごいボリュームなので食べきれず、はなピーさんに

助けを乞うた。 1600円也

Dscn3372

M野さんも食事だけかけつけた。

最近、彼の愛車の列に加わった‘デローザSLX’

彼はフレームからから組み上げてしまう器用者だ。

早く全快しまとまった距離を一緒に走れればと思う。

Dscn3375

小名浜港に向かい、巡視船の前でピナ男の愛車‘パリFPカーボン’

陽が翳って寒くなってきた。

Dscn3377

Dscn3373

だんだん疲れてきた。

皆さんはとにかく元気でよく走る。

小名浜の埠頭付近。

そういえばkitさんご夫妻の奥様は健脚で驚いた。

山道などスイスイ登る。

前はフラットバーのクロスバイクだったが、ロードバイク‘ラピエール’で

戦闘力倍増か。

pen

この後、植田付近で皆さんと別れ家路についた。

この辺りには、かの吉田松陰がみちのくの海防視察に来た際の

石碑が残ってるというが、暗くなってきたので次回持越し。

pen

昨年9月に自転車で転倒し入院して以来、距離を控えめにしていたが

少しずつ距離も乗れるようになってきた。

乗らないと、心肺能力、脚力ともにあっという間に衰えるのを実感した。

走行距離:96.18km

« タイヤ交換 | トップページ | 「遊撃隊始末」読了 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

裏湯ノ岳・・凄いっす。kit奥様、クロスでも速かったのでロードならもう追いつきません。
展望台まで上がったんですね!私は土曜日に丸山公園で売り切れましたw

昨日は高萩ポタと逆コースのようなルートを走ってきました。

裏ルート楽しかったですね。ほんとKit夫妻は雪は見飽きているでしょうね(^_^;
でも、今回もサプライズで楽しかったですね(^_^)
湯の岳の下りはノーブレーキで下るのに丁度いいですね。(^_^)

ピナ男さん、こんばんは。

最初の写真、びっくりしました。
あんな中を自転車で走るなんて!!!しかも坂。すごすぎます。
あと、海幸定食すごいボリュームで美味しそう。自転車乗りでもギブアップするボリュームとは驚きでした。
まだまだ寒さが続いて春が待ち遠しい日々ですが、これからも楽しい自転車ライフつづってくださいね。

ピナ男様、お疲れ様でした。はなぴーの変な助言で、中原様提案のまさかの、裏湯の岳きつかったですね(@_@;) 湯の岳の集合写真雰囲気良いですね。また、御一緒しましょう。

きもけんさん
kit奥様、速いですよね。
日頃鍛えてるんだと思います。
日曜日、はなぴーさんの乗ったトレインを錦付近でお見かけしました。

中原さん
サプライズ、いくつかありましたね。
ノーブレーキはありえないでしょう。
ピナ男ならコースアウトします。

みくまさん
時々ブログ拝見してますよ。
だいぶ大きくなってきましたね。

湯ノ岳といいまして映画「フラガール」の舞台になった山です。
地元ライダーのヒルクライム練習コースになっています。
日の当たらない裏の部分はこんなに雪がありました。
‘押し’でも脂肪は燃焼するのでまぁいいかと。

はなぴーさん
変な助言なんてとんでもない。
こんな道があったことさえ初めて知りました。
知っただけでも収穫です。
それより、後半はスタミナ切れで動き鈍かったかもです。
春に向けてもっと走れるようにしますね。
ナナコちゃんによろしく。

kitさんたち、ふぐすまと変わらない雪景色に安心したのでは・・・。なあんて。
オイラ思いっきり落車しました。歩けないのになぜかペダルは漕げます。

阿武隈山系も油断大敵でいきなり凍結箇所があるので、冬場はやっぱ浜通りや茨城がいいですね。
事故には注意しましょう。

行きたかったですぅ〜湯ノ岳以外は^^(笑)
浜通りでも山には雪があるんですね。
何やら、またまた面白い事があったみたいで、
私も目撃者になりかったぁ〜(*^_^*)
次回御一緒出来るのを楽しみにしてます♪

ちゃりけんさん
湯の岳の雪は悲惨でした。
押してるとクリートは雪づまりでビンディングできないし。
SPDはこういう時に最高でしょうね。

ところで、転んで怪我したんですか?
やはり凍結が原因?
無理しないで、しばらく安静にした方がいいですよ。

みーさま
私にとって湯ノ岳は厳しい戦いでしたね。
画像を見る限りいわきとは思えないですよね。
落石ゴロゴロ、落ち葉はいっぱい。雪もたんまり。
転倒の三重奏でした。

おかげで、さすがの師し・・・・・。
いえ、私には言えませんとても。
今度またご一緒ランしたいです。

ピナ男様
まんじゅうごちそうさまでした(^◇^)
ほかにも、妻と二人いろいろありがとうございましたm(__)m

師匠の企画は、毎回サプライズがありますね。最高です??(笑)

また、よろしくお願いいたします。

Kit様
遠いところたいへんでしたね。
若さとパワーを感じます。

ピナ男は腰痛持ちなので、あの程度の走りで精いっぱいです。
奥様の脚力はすごいですね。
何かスポーツやってました?
機会があればまたどっか走りたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タイヤ交換 | トップページ | 「遊撃隊始末」読了 »