« 小銃の性能差が敗因? | トップページ | 「いわきフラオンパク」 »

2011年1月23日 (日)

「松川事件」新たな発見

「松川事件」といえば戦後の混乱期昭和24年におきた列車転覆脱線事故。

線路のレールがはずされ機関士ら3人が死亡した事件である。

下山事件と並び戦後の日本政治の闇。

pen

当時の労働運動の激化と赤化を恐れる政府やアメリカの影が背後にちらつくなど

謎が多い。

死刑判決が出た裁判の13年後に最高裁で全員無罪判決が出て現在に至っている。

何者が何をねらってやったのか、いまだに真犯人がわからない。

Img_0002

1月23日付 福島民報

新たな発見というのは転覆した機関車の部品の一部とされている「火室」の一部。

「火室」とは灰を取り出す下ぶた部分らしい。

pen

事件後、転覆した機関車を撤去するため持ち運びしやすいように切断されたが

土中に半分埋まっていたこの部品が偶然にも通行人に発見された。

この程度の部品ならたくさんあるだろうと思っていたら当時の部品は散逸し

ほとんど残っていないそうだ。

「えっ 部品はもうない!」

なにやらそこに作為的なものを感じるのは私だけだろうか。

証拠品も含め早く処分しこの世から消してしまいたい組織があったとか勝手な

想像はふくらむ。

それを見越して関係者がわざと土に埋めたのか。

いずれにしても60数年後に出てきた列車の一部。

pen

この場所はピナ男の自宅の近くであり、事件現場を何度か散策したこともあるが

今までまったく気が付かなかった。

事件の供養塔が近くに建っている。

昨年まで草木に覆われていた場所を視野確保のためJRが伐採したために今回の

発見につながったという。

pen

ところで、地図で見るとわかるのだが、東北本線の松川地区の脱線現場のカーブが

たいへんきつい。

とても不自然な曲線を描いている。

pen

実は奥州街道八丁目宿(松川)を通るはずだった東北本線であるが開業当時に強い

反対運動があり、宿場からかなり離れた人家がまばらな場所に線路が通り松川駅が

できたという歴史があった。

pen

ではなぜ反対運動が起きたのか。

尊敬する半沢光夫先生によれば、明治20年八丁目宿の車夫や養蚕農家らが鉄道施設に

反対し、やむなく予定地から2Km以上東方の現在の場所に線路ができたというわけだ。

pen

想像するに、人力車の車夫であれば乗ってくれるお客さんが減ると思ったのだろう。

それでは養蚕農家は。

養蚕といえば‘絹’。

機関車の煙突から出る煙が絹織物に悪影響を与えるということで反対したと聞いている。

近隣の川俣町は絹で栄え川俣線で松川町とつながっていたぐらいだ。

煙突の煤煙と絹織物。

本宮に磐越線が通らなかった事情と似ているような気がする。

pen

・・・で不自然なカーブを描く線路ができ、そこで歴史的な暗い事件がおきた。

真犯人たちがこの反対運動を知っていたかは不明だがこのきついカーブをねらって

事件をおこしたのは間違いないだろう。

真相はいつの時代明らかになるのだろう?

私ピナ男が生きているうちは絶対無理のような気がするが。

以上、絹織物と松川事件の意外な関係のお話。

pen

おっと、いけねー 夜8:00だ。大河ドラマが始まるー  (*^-^)

« 小銃の性能差が敗因? | トップページ | 「いわきフラオンパク」 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

松川事件と、庭坂の奥羽本線事件は同時期であり関連性がありますよね。
庭坂の高堤防には殉職者の碑があり、脱線転覆した機関車からはスチームが冷めるまで数十時間汽笛が鳴り止まずにまるで悲鳴のようだったそうです。たまに見に行くのですがいつも新しい花が飾ってあります。
どういう時代背景があったのかよくわからないけれども、今で言うテロですよね。
謎の部分が多くいまだに解明されていませんがいつの日か真相が明らかにされるのでしょうか。
新幹線が青森まで開通し日帰りも可能になった今日ですが、敷かれたレールには数々のドラマがあったんでしょうね。

ちゃりけんさん
庭坂事件、興味ありです。
今度現場に見に行きたいです。
それにしても、いまだに花があるのですか。
ご遺族なんでしょうかね。
随分と時間が経過してますが。
もし都合が合えば連れてってくださいまし。
よろしくお願いします。

先日は、コメントありがとうございました。
昨年、この松川事件にかかわって、この松川資料室の会が開催された時、その展示されているもの見せてもらいに出かけてみました。
まだ、整理していませんが、印象的だったのが、バール等の道具を見ながら、関係者の方が「誰が見ても、絶対に違うのは明らかなはずだったのになぁ」と呟いていたことでした。
この時に、それが真実ということなのだろうなと思いました。

シン様
常々拝見させていただいております。
シン様のサイトは物知りですごく勉強になります。

ところで高校の教科書で見た松川事件の現場が自宅のすぐ近くだったとは
住み始めて初めて知りました。

当時は政治が不安定でいろんな事件があったんですね。
これも何かの縁でしょうからもっと調べてみたいです。
コメントありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小銃の性能差が敗因? | トップページ | 「いわきフラオンパク」 »