« 「カンパニョーロ」日本語版 | トップページ | 小名浜陣屋跡、湯長谷藩館跡散策 »

2010年12月 5日 (日)

いわき城跡ポタリング

毎年、寒いこの時期になるとなぜか城跡を訪ねたくなる。

ポカポカ陽気です。

サイクリング日和の今日は、関ヶ原の戦いまでこの地域を治めた

岩城氏の足跡をたどります。

pen

ところで‘いわき市’はなんで‘いわき’っていうの? 由来は?

石城郡→磐城→岩城→磐城氏→いわき市。

旧国名に始まり最後は昭和41年10月合併の際、新市名を決める時に

ひらがなの‘いわき’に落ち着いたらしいのですが、市役所の所在地や

新市名など、最終決定までは周辺市町村の間でもめにもめたようです。

pen

Imgp3271

岩城氏初期の城跡 いわき市四倉町長友 「長隆寺」

地図で道順をチェックし家をスタートしたのは午前10時頃。

午後1時までに帰る約束なのでそんなに時間はありません。

pen

①長友館  岩城氏がいわき地方統一に乗り出す前の館(現 四倉町長友の長隆寺)

②澤村神社  (沢村勘兵衛を祀った神社)

③神谷陣屋跡 (旧笠間藩陣屋跡  現 平第六小学校)

④飯野平城跡 (関ヶ原の戦いで岩城氏が改易になる前のいわき地方での最後の城)

pen

Dscn3009

Dscn3010

②の沢村神社

小川江筋という灌漑用水路を切り開いた人物を祀った神社。

慶安年間、郡奉行沢村勘兵衛が完成させたが、後に工事に伴う

不祥事により切腹。

pen

Dscn3011_3 

③の神谷陣屋跡 

今はいわき市立平第六小学校になっている。

向こうの体育館の裏に戊辰戦争の碑があるというのだが

校門はかたく閉ざされ立ち入り禁止だという。

セキュリティーのためと思うが学校の安全神話崩壊はこんなところにも影響が。

結局、写真は撮れずじまい。

pen

この陣屋は常陸国(茨城県)笠間藩・牧野家が磐城・磐崎・田村地方 

三郡の領地(飛び地)を治めるために置いた。

戊辰戦争で西軍についたため磐城平藩、仙台藩兵に囲まれ一度明け渡した後、

戦闘になり消失した。

pen

悲しいのは戊辰戦争が勃発する前は周辺の藩とも仲が良く交流が盛んだったのに

銃砲を撃ち合い殺し合う敵同士になってしまったこと。まさに歴史は残酷だ。

「神谷陣屋戊辰戦争奉公碑」というのがあるはずなのだが上記理由により断念。

Dscn3012_2 

もう12月だというのに、付近の田んぼはこんな状態だ。

刈り取った後の稲が青々としてまるで田植え後のよう。

暖冬の影響だな、きっと。 農村風景もだんだん変わっていくのだろうか。

pen

市内中心部を流れる夏井川・新川とサイクリングロードを乗り継ぎ

④の飯野平城址に到着

やや風がでてきた。

pen

大館城ともいうこの城は磐城平城ができる前の時代の岩城氏の本拠地。

御台境などという地名も付近に残っている。

関ヶ原の戦いで東西どちらにも参加しなかったため徳川家康に非を問われ

改易(領地召し上げ)となり哀れにも大名の資格を失った。

pen

けれど、その後大坂夏・冬の陣の戦功により大名に返り咲き亀田2万石(秋田県)で

明治時代を迎えた。

そういえば元いわき市長で現在参議院議員になっている岩城光英という方が

いらっしゃるが何かゆかりがあるのだろうか。

ではさっそく城跡ポタを開始。

Dscn3013

旧49号線から城跡入り口へ。

Dscn3014

けっこうな傾斜ですな しかもスリップ防止の石でボコボコ。

ヒルクライムしながら楽しめるのが城跡ポタリングの醍醐味?

Dscn3015

さらに上ると だんだん寂しくなってくる。それにしても走りにくい石。

Dscn3017

途中でふと振り返ると平市街が見える。

Dscn3018

Dscn3024

本丸があったと思われる場所。

日清、日露、太平洋戦争の戦没碑がある場合が多い。

ここもそうだ。

Dscn3022

Dscn3025

飯野平城本丸跡から見える磐城平城方向。

一度は歴史から消えたこの城跡も戊辰戦争で再度復活した。

西軍がここの本丸跡に大砲を構え磐城平城に向け砲撃を加えたのだ。

この距離だったら届くよね、きっと。

pen

Dscn3028

城域があった台地を切り裂くようにJR磐越東線と旧49号線がはしる。

この後、岩城氏が飯野平城に移る前の城「白土城址」を訪ねようと思ったが

時間切れで断念した。

約3時間のゆっくり歴史ポタリング、さて次はどこに行こうかな。

本日のデータ(タニタの体組成計による測定は夕食前で統一)

走行距離:36.72km

« 「カンパニョーロ」日本語版 | トップページ | 小名浜陣屋跡、湯長谷藩館跡散策 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

城跡ってやっぱいいですよね。その時代のことをいろいろ調べたくなっちゃいます。
岩城氏のことは知りませんでした。
戊辰戦争って特に興味深いです。

歴史ポタシリーズ楽しみにしていますね!

先日はお世話になりました。私が小学校の入学前頃に14?市町村が合併していわき市が誕生しました。小学生の時はよく市歌を事あるごとに歌わされましたのでよく覚えてます!『♪若い街いわき~伸びてゆく いわき~♪ 』今では合併してからかなりたっているので不明ですが。何年か前まで面積で日本一大きかった市であったと思います。

ちゃりけんさん
会津には遠く及びませんがいわき地方にも戊辰戦争の爪痕が残っています。
城跡に立つとなぜか妄想が始まっちゃいますね。
タイムトラベラーになりたいです。
とりあえず国見町の阿津賀志山防塁を見たいです。

610刑事さん
いわき市は私の故郷でもあります。
おっしゃる通りいわき市歌も随分歌いました。
歴史的な遺物が気になりだしたのは
歳をとったせいでしょうか。
また一緒に走れるといいですね。
たまには歴史ポタでもいかがですか?

大館城跡いいですね。坂も含めて。
今、新潟の戊辰戦争跡地に興味があって「朝日山古戦場」とかを探ってます。
いわき方面は西軍上陸地も見たいし、白河の銃弾痕も見たいです。
今度今度といいながらなかなか実行できませんね。
そのうち参ります。電話しますね。

ききょうやさん
銃弾痕は平城跡近くの良善寺山門にもありますよ。
NHK大河「篤姫」の冒頭でも紹介されたそうです。
残念ながらそのシーンを私は見ていません。
こちらにおいでの時は連絡ください。
ききょうやさんなら当然自走?29erで

この日はとてもいい自転車日和でしたね。“ピナ男さん”はじめ皆さんのブログから、こうして身近なところの歴史を紹介していただけると、それらはさらに広がり、交錯し、そして短絡してさらに身近なものへとなっていくようです。日本史、世界史が嫌いだった学生でしたから、郷土の歴史にも感心が薄く、今もって分からないことだらけです。この期に至ってようやく少し郷土の歴史に目を向けることが出来るようになったのも、自転車の力が大きいような気がいたします。

kojiさん
今もってよくわからないのは私も同じですよ。
ただ、年とったせいか興味は湧いてきました。
ただ走るだけでなく歴史散策を組み合わせると
もっと楽しくなりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「カンパニョーロ」日本語版 | トップページ | 小名浜陣屋跡、湯長谷藩館跡散策 »