« 小名浜陣屋跡、湯長谷藩館跡散策 | トップページ | 奈良の富有柿とフィールドワーク本 »

2010年12月12日 (日)

猫目CC-AT200W ADVENTURE

新しいサイコンである。

今使ってるやつが古くなったせいか調子がいまいちなので買い替えることにした。

なんと傾斜計と高度計、温度計が付いてるのが面白い。

累積高度も教えてくれるそうだが、私にはあまり縁がないかも。

発売は今年の3月頃というのだが知らなかったよ。

pen

ふと思ったのは、上り坂がきつくてうんうん唸ってる時に傾斜計の表示が

15%とか16%なんて出て、思わず見てしまったらどうしよう。

思わず 「あ~っ!」 とか 「もういいやー」とか言って足をついてしまうんじゃないか。

逆効果になっては意味がない。

でもその時は傾斜表示しなきゃいい訳だし。

pen

Dscn3033

CATEYE CC-AT200W ADVENTURE

午前中は家内に怒られながら年賀状の作成、包丁研ぎと忙しい。

今頃はそういう人多いのかな? 尻を叩かれながら。

「年賀状終わるまでは外に出さないから!!」なんて言われてはドアを開ける

勇気が湧かない。

pen

午後からは、この新サイクルコンピューターの設定作業と相成った。

ふむふむ、グローブをかけながらのボタン操作がしやすいみたいだ。

外の風はビュービューと吹き荒れている。

pen

特徴としては、「フレックスタイト」という新型ブラケットとなり自転車本体への取り付けが

工具いらずとなって脱着がうんと楽になった。

古いサイコンは捨てずに大古MTBペガサス号に付けることととする。

取り付け後、早速走ろうと思ったが風は止む気配なく断念。

ローラー台に乗っかる決心がつかずおデブ街道への標識が見え隠れしているこの頃。

pen

新聞を読んでいたら「老化とミトコンドリアの関係」という記事を見つけた。

自転車やジョギングなどの有酸素運動が老化防止に最適とか。

やっぱりやらなくちゃな、ローラー台。

« 小名浜陣屋跡、湯長谷藩館跡散策 | トップページ | 奈良の富有柿とフィールドワーク本 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ピナ男様、御無沙汰しております。

記事を読んでびっくりしました。猫目でCC-AT200W ADVENTURE←こんな機種があったなんて・・・

速攻オークションで落札しました。

その前にピナ男様に聞こうかな~と思っていましたが、ポチット、ダブルクリックしちゃいました。

「なんと傾斜計と高度計、温度計が付いてるのが面白い」とありました。はなぴー全部の単位気になります。猫目のV3は持っているので、メーカーかぶってしまいますが、記事の掲載有難うございました。

お洒落で良いですね。私の705は何故か高度と斜度が出なくなってしまいました(>_<)
原因不明です(^_^;
まあ判らなくてもいいかみたいな(^_^;
iPhoneのナビの会社に高度を出してくれるようにお願いしていますよ(^_^)

少々お高いですが魅力たっぷりの面白そうなサイコンですね。“気温、斜度、高度”は実際走っていると少なからず気になる項目ですよね。ただ、自称“川の流れのように派”わたしの場合は、具体的に数字で表示されると走る前に戦意喪失しかねないところがあるかも・・・。

今度の日曜日、白河ポタどうですか?オペラを譲ってくれた方も一緒に走れたら良いですね(^_^)

はなぴーさん
私もなぜか知りませんでしたよ。
あればいいなと思ってた機能がついてて楽しくなりますね。
まだ使用していないので評価はこれからですが。

中原さん
エッジ705は斜度、高度表示ができたんですね。
知りませんでした。
iphoneにも高度表示機能が付いてると楽しいですよね。

kojiさん
そうなんですよ!「戦意喪失」。
これが困るんですよね。
見ない方がいい時もありますよ。
来年のスカイバレーHCでは斜度表示しないようにします。

私のサイコンも心拍計が時々死ぬので新しいのを、と思っているのですが今年はサンタさんは「定量」とのことでした。GPS付きのサイコンの記事を書こうと思っていたら抜歯でこちらも死んでいました。
実はこれまで何度かコメントしても送信できない状況でした。セキュリティーを買えたらうまくいきました。いや、いがった。

ききょうやさん

サイコンってけっこう調子悪いってあるんですね。
私の前のやつも調子がいまいちです。
日本の誇る精密機械分野のひとつだと思うんですが。

ところで、今回は歯でやられましたね。
坂を上る時ってけっこう歯に力がかかるので心配です。

GPS付きのサイコンの記事、お待ちしておりまする。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小名浜陣屋跡、湯長谷藩館跡散策 | トップページ | 奈良の富有柿とフィールドワーク本 »