« 自然に帰ろうとする自宅、蜂、ヘビとの闘い | トップページ | 2010サイクルフェスティバルinいわきエントリー完了 »

2010年9月11日 (土)

庭の手入れ、一日中

昨日はハチと蛇との闘い。

今日は伸びすぎた植栽との格闘です。

狭い庭ながらも、ほっといた庭木が伸びすぎてヘビメタ野郎の長髪のよう。

Dscn2697

伸びすぎたツツジを五分刈りに。

刈った後はスッキリとし野球部員の頭のよう。

リョービの電気バリカン。

Dscn2698

レッロビンはこいつでいきます。

電動のヘッジトリマーはあるのですが、一昨年それで怪我をしたため恐くて使いません。

お気に入り 岡恒の刈り込み鋏。

切れ味が良く丈夫なつくり。

ちなみに剪定鋏も岡恒です。

朝から晩までねずみのように動き回りなんとか植栽はコザッパリとしました。

使ったゴミ袋は9枚。

腰は痛いし、しばらくやりたくないです。

ところで10年間、大事に育ててきたモミの木が枯れてしまいました。

この夏の猛暑と雨不足が原因と思われます。

地植えなので安心してたのですが。

クリスマスツリーで活躍してくれたモミの木。

残念でなりません。

« 自然に帰ろうとする自宅、蜂、ヘビとの闘い | トップページ | 2010サイクルフェスティバルinいわきエントリー完了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

レッドロビンを刈り込みバサミで手入れされたとは大変だったことでしょう。わたしはもっぱらヘッジトリマで楽をしていますが、大きな葉の植物は傷だらけの葉っぱが残っていまいますから、本当は“ピナ男さん”のように刈り込みバサミで仕上げるのが正解だと思います。
クリスマスツリーとして活躍してくれていたモミの木は残念でしたね。わが家にももともとはミニ鉢植えで買ってきたゴールドクレストを地植えにした“クリスマスツリーもどき”があります。2本植えたもののうち1本が強風で傾いてきたので伐採しました。なんだか伐採なんていうと大袈裟ですが、高さは4mぐらいで幹は15cmぐらいになっていました。残った1本は高さが5~6mにもなっています。“ピナ男さん”のように電飾してクリスマスツリーに仕立ててみようかな。
きっと気持ちよくなったことでしょう。暑い中の庭師さん、本当にご苦労様でした。

kojiさん
クリスマスツリーの電飾はここ数年やってません。
kojiさんちでやったら娘さんが喜ぶでしょうね。

ゴールドクレストは大きくなりますよね。
巨木になって2F屋根より高いのを見たことがあります。

“樅の木は残った”という歴史小説がありましたが
“樅の木は枯れた”になってしまいました。
地植えなので安心してたのですがよほど雨が
少なかったんだと思います。
まったく残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自然に帰ろうとする自宅、蜂、ヘビとの闘い | トップページ | 2010サイクルフェスティバルinいわきエントリー完了 »