« 投票・Jヴィレッジ・アジサイ散策 | トップページ | 朝練 カヌー島山コース »

2010年7月13日 (火)

突然の訃報

数日前、キャサリンさんが亡くなった。

自転車イベントに積極的に参加し、仲間を励まし

自らも自転車人生を楽しんでいるのがよく分かる方だった。

女性でありながら驚異的な走行距離、激坂ヒルクライム。

福島の自転車乗りで彼女のことを知る人は多かった。

気配り・優しさ・向日葵のような満面の笑顔。

あの若さで逝ってしまった。

いまだに信じられない。

飲み屋と自転車イベントで数回お会いしたことがあっただけだが

優しい人柄は会えばすぐわかった。

6月の宮城県センチュリーライドで、名取スタートの彼女に

「エンドレス頑張ってー!」とすれ違いざま応援してもらったのが最後だった。

誰もが死に向かって一歩ずつ近づいている。

しかしあまりに早すぎる死。

まだ頭の整理がつかない。

合掌。

本日のデータ(タニタの体組成計による測定は夕食前で統一)

体重:63.1Kg

体脂肪率:16.4%

筋肉量:50.1Kg

内臓脂肪レベル:9

基礎代謝量:1.433Kcal/日

体内年齢:26歳

走行距離:17.22Km

« 投票・Jヴィレッジ・アジサイ散策 | トップページ | 朝練 カヌー島山コース »

自転車」カテゴリの記事

コメント

お別れに行って来ました。人より少し短かったけど素晴らしい素敵な人生だったと思います。少なくとも私はそう思います。心よりご冥福をお祈りいたします。

刃斐波ロバートさん
もうあの笑顔を見ることはできません。
人生を心から楽しんでいた彼女の笑顔。
生きている限り忘れないと思ってる自転車乗りは多いでしょうね。
私もその一人です。
早すぎる死。
残念でなりません。

訃報を知り、愕然としました、、、
なんだか狐につままれてる感じ。
仕事の都合で今日は無理でしたので、昨夜お別れをしてきました。
とっても綺麗なお顔でした、、、
あの笑顔、忘れられません。 ちゃりけんさんの動画の中での茶目っ気が最高でした。残念です。
残念で言葉が見つかりません、、、

 
心からご冥福をお祈りいたします。

mattoshiさん
ちゃりけん&きゃさりんのゴールデンコンビ。
もう二度と見られませんね。
いつも旅の動画や画像を拝見するのを
楽しみにしてたのにね。
いまだに信じられません。
あのエンドレス飲み会に来てくれた時の姿。
ヒルクライムでの練習で一緒に登って応援してくれた時の姿。
いつまでも忘れることはないでしょう。

デリケートな題材をここまで素直に表現出来るのはピナ男さんの人柄ですね。福島に限らず多くの方が身を切られる思いをしました、寂しく切ないです。先日「私はブログを持っていませんが、皆さんのページを拝見するのが大好きです」とおっしゃっていました。
私に出来る事、立ち止まらず、振り向かず、ただ前向きに、無心に乗っては更新を続けたいと思います。

隅男さん
連休を利用して福島の自宅に戻っておりました。
昨年、郡山市で開催された大槻MTBミーティングで尾根伝いのコースを
飛ぶように走るきゃさりんさんの姿が目に焼きついております。
私は望遠レンズを構えてました。
撮影しながら大きな声で声援を送るとニコっとして
はにかんだ顔を見せてくれましたよ。
自転車のある暮らしを長く楽しみ、時々は彼女の事を思い出し
友と思い出を語ることが私にできる唯一のことと思います。

きゃさりんのことをいっぱい思ってくれてありがとうございます。
ブログに載せるべきかどうかご家族のお気持ちを考えると悩みましたが、これだけ多くの方々にお世話になってきたのだからと思いきって書きました。

皆様にお会いし、励まされてきた彼女は幸せだったと思います。
残された私たちは、自転車を愛し続けていきましょうね。
それが一番の供養になるはずです。

ちゃりけんさん
コメントありがとうございます。
きゃさりんさんが亡くなったという
実感がいまだに・・・・。
昨年3月29日の拙ブログ記事(MTBもいいね)に彼女の勇姿が
アップされております。
あの元気さ、素晴らしい笑顔から「死」というワードが
結びつかない。
ちゃりけんさんの一番の“相棒”がいなくなってしまいました。
人様に何も言うことはできませんが
傍らの自転車とともに生き、時々彼女のことを思い出して偲びたい
と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 投票・Jヴィレッジ・アジサイ散策 | トップページ | 朝練 カヌー島山コース »