« ブルックスサドルバック届いた | トップページ | 野馬追いの里ポタリングのお知らせ »

2010年5月 3日 (月)

宮城県センチュリー試走

今年もあのイベントの季節がやってくる。

6月6日 宮城県センチュリーライド160km(200kmのコースもある)。

去年走ったので参加申込書もすでに郵送されてきた。

試走やツーリングで何度も走った道。

Dscn2380

仙台空港 コースから少しそれる

昨年は雨が降った福島県側。

そして私はパンクに見舞われた。 

雨後の晴れ間の蒸し暑い時に汗かきべそかきパンク修理した思い出。

遅れていたペースがさらに遅れてしまった。

今年のセンチュリーはチューブレスホイール&タイヤで走る。

シマノアルテグラWH-6700とハッチンソン フュージョン2。

Dscn2364

今回は試走と試乗を兼ねていた。

普段はアルミのピナレロガリレオにはいているが、カーボンフレームの

ピナレロパリカーボンに付けてみたらどうよ?って感じで長距離を走ったわけである。

走り終えた結果からいうとチューブレスタイヤ・ホイールと

長距離の相性はピカイチだと思う。

荒れた舗装路面(ひび割れ、ツギハギ)での走破性が際立つ。

舗装と舗装の継ぎ目、マンホールとの微妙な段差。

腰に優しい。

ガツンと突き上げるような衝撃が少ない。

体力を温存できる。

普段は、脚力もないくせにマヴィックキシリウムSLをはいている私。

WH-6700とキシリウムSLの性格の違いは明白だ。

キシリウムSLは硬い、けど軽い。

これからは、ヒルクライムやサーキットのコースで活躍してもらうことにする。

ところで試走当日のお話。

脚が回るし、ペダルがなんて軽いんだ。

俺ってもしかしてすごい脚力なんじゃな~いと錯覚するほど調子が良い。

風向きのせいだとわかったのは名取の折り返し点。

ここからはず~と向かい風。

福島県には坂道も多い。

Dscn2365

Dscn2366

阿武隈川河口のサイクリングロード

Dscn2376

160Km折り返し地点の名取SCS

Dscn2383

帰り道 宮城。福島県境

Dscn2382

今日のご褒美  黒ごまソフトアイスクリーム

初参加のKEIさん(女性)、よっちさん 試走完走おめでとうございます。

驚くのはKEIさんの走り。

自転車を始めてまだ間もないのに160km走りきった。

しかも息ひとつ上がっていない。

この中で一番元気なようす。

普段、マラソンを走ってるというのもうなずける。

最後はお互いの検討を称えあい解散。

当日は皆さんがんばりましょう。

走行距離:160.19Km

« ブルックスサドルバック届いた | トップページ | 野馬追いの里ポタリングのお知らせ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

センチュリーランが大丈夫ならグランフォンド福島も大丈夫ですね(^_^)
時空の路は撮影に行くのですか?

中原さん
あのコース(GF福島)見ました?
山ばっかしですよ。
平地主体の宮城県センチュリーと
事情が違いますよ~。
私はムリ、ムリ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルックスサドルバック届いた | トップページ | 野馬追いの里ポタリングのお知らせ »