« あ~  雪かよー | トップページ | 馬の温泉 »

2010年2月13日 (土)

シルクと教科書とホームセンターの意外な接点

まったく何の関係もないように見えるタイトルの三つの単語。

予想外の雪で仕方なくゴム長靴を買いに行ったホームセンターで

“あるもの”を見かけてから一本の糸でつながった。

ホームセンターの名前は“ニューライフカタクラ”。

関東地方を中心にチェーン展開している会社のいわき店だ。

なんだか昔からここにあるので地場のホームセンターかと思っていた。

実は違う、運営してるのは片倉工業という会社だ。

そして、そのお店の自転車コーナーに誇らしげに展示してあったのがこれだ。

Dscn2204

シルク号とある。

非売品の文字。

ん? シルク?、カタクラ? といえば・・・・。

もしかして。

ホームセンターの自転車コーナーは陳列がどうしてもママチャリがメインであり

ロードやMTBといっても“なんちゃって系”が多かったりする。

その中で1台だけ光ってました。

クロモリフレームのMTBシルク号。

どっちかっていうとロードレーサーの方が有名なんだろうけど。

Dscn2202

近くにこんな説明文があった。輝かしい歴史である。

昔からの自転車乗りなら知っている“片倉シルク号”を送り出した会社が

片倉工業なのだ。

知らなかったよー、今まで。  あまりにこのホームセンターが身近すぎて・・・。

で? シルクと教科書はどうつながる?

シルクはご存知“絹”。  かいこさま。

何も産業がなかった明治時代初期。

世界に通用する輸出品として官民あげて取り組んだのが生糸・絹織物だった。

近代日本の象徴であった。

高校の日本史教科書の最後の頃に官営“富岡製糸場”というのが出てきた。

明治維新後、諸外国にくらべ立ち遅れていた産業を振興し、彼らと同等の立場を

得るため巨大な官営の製糸工場(群馬県)を立ち上げたってわけなのだ。

これでシルクと教科書の関係はわかった。

で?片倉工業は? 例のホームセンターを運営してる・・・。

時代の変遷により明治26年、官営の工場は財閥の三井家に払い下げられて

後、原合名会社に譲渡。

昭和14年には、当時日本最大の製糸会社だった片倉製糸紡績株式会社

(現片倉工業株式会社)に合併したわけなのだ。

その後、時が流れ産業構造が大きく変り昭和62年、生糸が外国の安い製品に

押されて産業として成り立たなくなったためついに操業停止。

製糸場は片倉工業から富岡市に管理が移管され、現在は世界遺産の登録を

待っている状態だという。

さっきの説明文にもあるが、この片倉工業の製作所のひとつが立ち上げたのが

自転車部門であり、片倉シルク号として世に名車を送り出したわけなのである。

これで三つのキーワードが一本の糸(絹糸だったりして)でつながったわけだ。

こんな風に昔は畑ちがいの仕事をやった会社がけっこう多かったわけだなー。

例えば三共製薬の子会社なんかは“三共内燃機”といってハーレーダビッドソンの

ライセンス生産してたもの。

オリンピックの自転車競技日本代表車に採用されたほどのブランド片倉シルク

いつしか時代に抗しきれなくなり撤退、代わりの柱のひとつにホームセンター事業を

据えることになったわけだ。

ふとホームセンターの売場に目をやると足元にくるま椅子が売られていた。

メーカーはカワムラ。

高校の時、バイトで苦労して貯めたお金で買ったロードバイクがカワムラニシキ

だった。 

このメーカーも時代の流れで自転車の生産を止め、そしてまた時代の

流れで?自転車の生産を再開し軌道にのせようとしている。

振り返り、「カタクラって あのカタクラのことですか?」

とレジのお姉さんに聞くと 「はい!あのカタクラです。その非売品は本社の人が

持ってきました。」と誇らしげに答えてくれたのが印象的だった。

本日のデータ(タニタの体組成計による測定は夕食前で統一)

体重:65.1Kg

体脂肪率:18.0%

筋肉量:50.6Kg

内臓脂肪レベル:10

基礎代謝量:1.455Kcal/日

体内年齢:30歳

走行距離:0Km

ローラー台練習時間:0分

* 増量中です。 はやく何とかしないと。

« あ~  雪かよー | トップページ | 馬の温泉 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

歴史好きとバイク好きと自転車好きが合わさったような、まるでミステリーの種明かしのような。

まさかこれが、長靴からとは…。

ホームセンターの片倉と片倉シルクが繋がっているとは思いもよらなかったですね。(^_^;
シルク号は紡績から来ていたのですね。
勉強になりました(^_^)
カワムラも懐かしいですね。

カタクラから歩いて10分の所に住んでる私は何も知りませんでした(*_*)東京育ちの自分はいわきの雪でもビビってました。但し長靴とプラスコップは持ってます(^_-)

ききょうやさん
自転車に興味がない人ならどうでもいい話
なんでしょうけど、新しい発見をしたようで
正直うれしかったです。
知ってるようで知らない話って他にもいっぱい
あるんでしょうね。

中原さん
勉強だなんて恐縮です。
カタクラとカタクラシルク、まさか関係があるとは思いませんでした。
また自転車を造って欲しいと思うのは
ワタシだけでしょうか?
今朝は第一回いわきサンシャインマラソン見に
行ってきました。

ロバートさん
カタクラの近くなんですか。
この雪じゃまですよね。
カタクラつながりは私も初めて知った
わけですが、知らない事ってけっこう
ありますよね。
ロバートさんが東京育ちとは知りませんでした。

「あのカタクラ」で話が通じたところをみると、レジのお姉さんにもしっかりと沿革を教育しているんでしょうか。たいしたものです。さすがはカタクラです。

東京育ちですが人混みは苦手です(*_*)今日はマラソン大会は避けて誰もいない399号線の二ツ箭山の駐車場坂道で一人でトレーニングしてました(^_-)

kojiさん
そうですね。
自分の勤務先にプライドを持つって大切な
ことですよね。
どんな会社・組織にも歴史があるはずです。
もう一度造って欲しいシルク号。
出たら買っちゃうかも。

ロバートさん
ワタシも人ごみは苦手ですが
今日はいわきサンシャインマラソン見に
行ってきました。
練習場所がマニアックですね、今度教えて
くださいませ。
山の名前は聞いたことがあります。

ウチの近くには、このホームセンターありませんが、今週末スキーで福島に行くので探してみようかな。

レジのお姉さんが誇らしげに話してくれたというのが、なんとなく嬉しいですね。

103さん
コメントありがとうございます。
どんな会社にも歴史がある。
生糸とロードバイク、ホームセンターが
つながっていたとは意外でした。
スキー場のある会津や中通り地方からは
ちょっと遠いですよ。
道中お気をつけて、福島の冬を楽しんで
くださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あ~  雪かよー | トップページ | 馬の温泉 »