« がっかりなこと、プチうれしいこと | トップページ | 今年いちばんの寒さ »

2010年1月31日 (日)

歴史ポタとチューブレスタイヤ試走2回目

曇りがちだったが風もなく寒くもなかった今日のいわき地方。

チューブレスタイヤ試走の2回目、追加になったズームレンズ試し撮り、

コーモン様だいじょうぶ?の試走、地元の城跡(平城)ポタリング。

四つの目的をもって走り出した。

前回試走から一ヶ月以上乗らずに新巻鮭状態でバイクタワーに吊り下がってたガリレオ号。

チューブレスタイヤの空気圧は8気圧から3気圧に減っていた。(無理もないか)

急いで6気圧までエアーを充填し各部をチェック。

結果からいうとチューブレスタイヤの感触は非常にいい。

TLタイヤ推奨の6気圧にして走行するとWOの8気圧よりタイヤの感触が

ソフトに感じられ、荒れた路面の凸凹をうまく吸収してくれる。

乗ってるのがアルミフレームのガリレオとは思えない印象だ。

コーモン様のテスト。これも問題ない。

良かったと胸をなでおろす。(ボラギノールさまさまだ)

新ズームレンズ(ペンタックス50~300mm)は今日は出番なしだった。

そして最後はいわき市平の高台にある平城跡ポタリング。

なるべく街中は走りたくないのと距離を稼ぎたいので大きく迂回し

海から街中まで続くサイクリングロードを利用した。

夏井川CR→新川CRと乗り継ぎ市内を見下ろす高台に向かって

ヒルクライムアタック。

距離は短いが傾斜はなかなか急なのだ。

しかもスリップ防止のため舗装はしてあるが、頭ほどの石が埋め込んであるため

ロードバイクでは苦痛そのもの。

なんとかダンシングでクリアし城跡を目指します。

Imgp2507

丹後沢(お堀の跡、残ってるのはここだけ)

Imgp2501

案内図を見る。名前の由来など説明してある。

Imgp2502

丹後沢の水辺にて 佇むガリレオ号。

Imgp2510

幕末の動乱期に活躍した領主、安藤 信正公の銅像。

老中を務めた人物。その後、江戸城坂下門外にて

襲撃を受け政治の中枢から退いた。

Imgp2509

安藤信正公の業績を説明している。

銅像がある場所は幕末時は砲台があった場所だそうだ。

夕暮れせまり時間切れのためここまで。

次回は安藤家代々の墓や戊辰の役の時に寺の山門に残る

銃弾の痕、わずかに残るという石垣を訪ねたいと思う。

Imgp2508

坂を下ってくると古いレンガ造りのJRのトンネルがある。

左右は造られた年代が違うとすぐに分かる。

向かって左は単線時代のものだろうが今度調べてみるつもり。

なにしろ坂が急なので下りるのも大変だ。

ジャックナイフ状態になりかけてあせってしまった。

本日のデータ(タニタの体組成計による測定は夕食前で統一)

体重:64.5Kg

体脂肪率:17.2%

筋肉量:50.6Kg

内臓脂肪レベル:9

基礎代謝量:1.454Kcal/日

体内年齢:28歳

走行距離:35.72Km

« がっかりなこと、プチうれしいこと | トップページ | 今年いちばんの寒さ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ボラギノール効果は絶大なのですね。
割れているサドルなら当たらないのかななどと勝手に考えていましたよ。
それくらい走れるなら一緒に走りたかったですね(^_^;

まずは回復(ちょっとでも)おめでとうございます。チューブレスの振動吸収ってすごそうです。なるほど。あの、ちからまかせのタイヤはめ込みさえうまくいくならやってみたいです。
安藤信正公は知りませんでした。坂下門は知ってっていたのですが(もちろん桜田門絡みですけど)もっと知られていい人ですね。井伊側の論も興味あります。

自転車、乗れるようになって良かったですね^^
皆・・・頑張ってるなぁ~><
寒いの疲れてるのって言い訳してサボってるのは私だけじゃんw
でも今年は花粉対策マスクを購入して頑張ろうかと考えてます^^v

この前はjugemブログ「にっぽん日和」を訪問していただき、ありがとうございました!
まだ未熟なブログですが、いろいろ参考になると嬉しい限りです。
こちらからも、たまにブログ拝見しに行きます。

中原さん
今のサドル、一応真ん中に穴が開いてるんです。
春からはそこそこ距離も走れると思いますよ。
ご心配いただきありがとうございます。

ききょうやさん
チューブレスいいっすよ。
雑誌では否定する人もいますが
素人レベルでは一番乗りやすいと思います。

安藤信正公の銅像は昔から知ってました。
小学生の頃からです。
当時は時代劇のサムライぐらいにしか思って
ませんでしたが。

みーさん
マスクのつけ方はこつが要りますよね。
ワタシはメガネが曇って前が見えなくなるのが
オチです。
北茨城の黄門さま、ワタシのコーモンさまも
元気がなによりと実感いたしました。

さやさん
コメントありがとうございます。
良く調べて勉強されてますね。
歴史大好き少女ですね。
とても感心しました。
“歴女”ならぬ歴娘ですかね。
史跡めぐりに協力してくれるお父様。
心強くとても優しいですね。
時々ブログ拝見しに行きます。

ピナ男さん初めまして。Team WINNERの610刑事と申します。いつもブログ拝見してます。
このトンネルが松ヶ丘公園近くのトンネルであるならばレンガの方は私が高校の時に通学で使った今でも当然単線の磐越東線です!右は常磐線です。電車でなくディーゼル車なので架線がありません。夏井川渓谷を走る路線です!

610刑事さん
時々、WINNERの掲示板で拝見していました。
ロバートさん、マロンさん元気で練習してますね。
このトンネルはおっしゃるとおり松ヶ丘公園下のトンネルです。
早速地図で確認しました。
磐越東線のトンネルですね。失礼しました。
古そうですが、いつ頃できたトンネルでしょうか?
地図では稲荷山隧道となっています。
今度、調べてみますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« がっかりなこと、プチうれしいこと | トップページ | 今年いちばんの寒さ »