« 大谷競輪選手養成所訪問記 | トップページ | 天気晴朗なれど »

2010年1月23日 (土)

強風のち“風サイクル”

出だしはそうでもなかったのに、走り出してしばらくすると風が強くなってきた。

騙されたと思ったがいつものこと。

海が近いし仕方がないか。

あきらめて夏井川沿いのサイクリングロードをいわき市内に向かう。

強い向かい風。

ノロノロと時速20km出ればいい方だ。

たまらず下ハンをにぎり姿勢を低くして走った。

ロードバイクはこういう利点もあると再認識した次第。

Dscn2193

橋の上から写した夏井川河口。貴重な野鳥の産卵地でもある。

川沿いの土手のいつもの場所でラジコンヘリの操縦を見ようと思ったが

強風のため、ヘリを大事そうに抱えたおじさんが一人いるのみ。

いつもは5~6人集まってるのにな。

準備中だったのか、撤収作業中だったのか。

さんざん風に翻弄された後、久しぶりに“風サイクル”に立ち寄ってみた。

実は、私はこのお店でまだ何も購入したことがない。

いわきクリテリウムで撮った店長のレース中の写真を持っていっただけだ。

なのに、「ストーブにあたりな。」とかツインリンクもてぎのレースのこととかいろいろ

気をつかって話しかけてくれる。

あいかわらずいい雰囲気を持ったお店だ。

展示中の自転車はカーボン全盛の時代に反しクロモリフレームや

手組ホイールをメインにしている。

集まってきたお客さんは、どちらかというと古き良き時代の自転車を好むようだ。

良い意味で時間が止まっているお店。

壁に貼られた80年代、90年代のレースポスターがうれしい。

丁度、小径車ブロンプトンに乗ってきた方がいて話が盛り上がった。

ず~と小径車一筋できたらしい。

Dscn2194

Dscn2195

Dscn2198

折りたたみのヒンジの部品があるため重量は重くなるが

Dscn2197

ブルックスの革サドルがいい味を醸し出す。

Dscn2196

たたむと “ちっちゃー”。

まず、そのメカの構造にうなってしまった。

よく考えられているなー w(゚o゚)w 。

小径車の弱点である走破性をカバーするために、リアにゴム製のショックが付いてたり

押して運ぶ時はキャスターまで付いている。

英国らしい車体の色もいいし、何より個性的なところが良い。

ハンチング、黒革の手袋、ツイードのジャケットを着るなどライダーもおしゃれして

乗りたい車種である。

普段、ロードとかの自転車に乗ってれば100kmぐらいは普通に走破できると言う彼は

よく長距離の自転車旅行に連れ出すそうだ。

他にも年代物のモールトンも所有してるとのこと。

肝心の組み立てた写真を撮るのを忘れてしまったのがくやしい。

本当に自転車が好きというのが店内にいた他のお客さんからも伝わってくる。

田んぼの田おこしも始まっているみたいだし、自転車の世界も来るべき春に向けて

少しずつ準備が始まっているのかな。

寒風にもてあそばれて風サイクル。

本日のデータ(タニタの体組成計による測定は夕食前で統一)

体重:64.8Kg

体脂肪率:17.5%

筋肉量:50.7Kg

内臓脂肪レベル:10

基礎代謝量:1.456Kcal/日

体内年齢:28歳

走行距離:42.75Km

* 体脂肪率や内臓脂肪レベルが高止まり。 春になればもっと下がるかな?

« 大谷競輪選手養成所訪問記 | トップページ | 天気晴朗なれど »

自転車」カテゴリの記事

コメント

22日は電車のダイヤが乱れるほどの強風が吹き荒れました。23日も風が強かったのですね。わたしは土日が勤務で外の状況が全く分かりませんでした。いわきはあたたかいといっても、やはり今の季節ですから風があるのはつらかったですね。
“男のオモチャ”ではないですが、こだわりのモノを持つよろこびっていいですよね。がむしゃらに走る自転車とは一線を画するオシャレで優雅な折り畳み小径車、これもまた大人の自転車の愉しみ方ですね。

kojiさん
天気は良かったのに風は強かったですねー。
なかなか両方良いというのが少ない季節です。

ところで、こういうお店だと集まってくるお客さん達も個性的ですね。
チューブラータイヤ、クロモリフレーム、手組のホイール、ダブルレバーなんかがここの定番です。私も今度はクロモリフレームが欲しくなってきました。
さすがに妻殿には言い出せません。
ブロンプトンもいい味出てますね。
kojiさんに合いそうだなー。

いわきでは「田おこし」ですか。
強風の中のトレ、お疲れ様です。
わたしは違う「風邪」のなかでもがいていました(泣)
 しかしさすが英国車、渋いですね、ブルックスのサドルの味わいも。ハンチングとかダンディな装いでコーディネートして乗るのもいいですね。またはほっそーいクロモリフレームでゆったり散歩、なんて…
 …夢からさめると、現実が…
それにしても前回、今回とピナ男さんも引き出しが多い!

ききょうやさん
風邪は大丈夫ですか?
田おこし、福寿草、忙しそうな自転車店の店長。
こんな風景を見てると、いわきではもう春が近いのかなと願望も込めてそう思いました。
クロモリロード、小径車どれもいいですねー。
こうやってみんなはまっていくんでしょうね。
ワタシだけは違うと思っていたのに。
でも、しばらくは我慢の子でいるつもりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大谷競輪選手養成所訪問記 | トップページ | 天気晴朗なれど »