« ブログコース変更に | トップページ | 「女自転車ふたり旅」 »

2009年12月26日 (土)

ポカポカ陽気・チューブレスタイヤ試走

午前中はきらいな歯医者。

午後は、やっと始めた年賀状書き。せっかく暖かい日なのに。

でも午後3時過ぎには少し時間ができた。

早速、あれを試してみようと思う。

Dscn2166

ガリレオ プラス アルテグラWH-6700withハッチンソンtubeless初試走。

パリも好きだがガリレオも好きなんだな。

ところが走り出す前にちょいと悪戦苦闘。

前後のホイールを車体に取り付けようとするも、前のホイールよりリム幅が

大きくなったためブレーキの間を通過しない。

アーチを調整し取り付け完了。

いよいよチューブレスタイヤで走り出すが、正直それほど前のタイヤと比較しても

感覚が変ったようには感じない。 鈍感なのか、おれ。

空気圧は高めの8気圧に設定してあるし、あと数日して6気圧に下げたら

本来のチューブレスタイヤになるのかも知れないな。

いまのところ走行がやや硬い印象。

Dscn2167

もっともチューブレスの場合パンクした時が真骨頂なわけで。

わざとパンクさせるわけにもいかず。

よってインプレは長期にわたる可能性もあります。

ところでアルテグラホイールの見た目ですがDURA-ACEに較べると

かなり地味な印象ではある。

でも、他のメーカーホイールと違いロゴがただのステッカーではなくきちんと

ペイントしてあるのがエライ。

しかもリムは艶消ブラックの梨地処理がしてあり高級感がただよう。

その辺が気に入ったわけです。

本日のデータ(タニタの体組成計による測定は夕食前で統一)

体重:65.0Kg   (ヤバッ)

体脂肪率:17.9%

筋肉量:50.6Kg

内臓脂肪レベル:10

基礎代謝量:1.454Kcal/日

体内年齢:29歳

走行距離:17.38Km

« ブログコース変更に | トップページ | 「女自転車ふたり旅」 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

8気圧は軽そうですね。
パンクの回避は一票。
昔あるタイヤを使い、パンクしまくりパンク処理が初心者なのにうまくなりました。これからはチューブレスか。

“アルテグラ WH-6700”みちのく自転車道の荒れた路面にもよさそうですね。なんだかポチッといきそうです!

ロングレポートが楽しみです。
アルテ派としてはホイルもうらやましいです。
デュラは、そりゃいいんでしょうけどアルテってしぶいですよね。

ききょうやさん
ずいぶん私もパンクを経験し修理も得意になりました。
チューブレスが主流になる時代は来るのか来ないのか。
チューブ、チューブラー、チューブレス。
それぞれメリット、デメリットはあるでしょうから。
私の場合、単に新し物好きっつうだけで。

kojiさん
ポチッといっちゃってください。
でも、自分でタイヤはめるのは骨が折れるかもです。一度付ければパンクの回数は格段に減るとは思いますが。

ちゃりけんさん
アルテ派っていい響きです。
脚力未熟な私にはアルテグラでも勿体無い
ぐらいですな。
アルテグラって名前が素敵だし、2番目ってところが渋いです。
来年の宮城県センチュリーライドにはこれを履いて出ようかなとちらりと思いました。
今年パンクしたもんですから。

一番のメリットはパンクってことでしょうね。
まあパンクはここ20年くらいはしてませんが(^_^;
するほど乗ってないというのが実情ですが(^_^;

中原さん
20年パンクなし!?
今年は随分と乗られたんでは?
私は、月に3回ほどパンクに見舞われた
ことがあっていやになってしまいました。
チューブレスの場合、予備チューブは携行
しませんがリペア剤は必要らしいので
重量的にはあまり変りませんね。
好き好きってことでしょう。
都度、チューブレスのリポートしたいと
思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブログコース変更に | トップページ | 「女自転車ふたり旅」 »