« 梅雨将軍 そして 夏至 | トップページ | チームウインドブレーカー、合同朝練 »

2009年6月24日 (水)

電動シフト

少し前のことで写真もないけど、シマノの電動シフトの試乗をしたことがあった。

桧原湖サイクリングでテント内のブースに展示してあったのだ。

雨がそぼ降る中、試乗車はフェルト。

試乗といってもローラー台の上だけなんだけどね。 (*゚ー゚*)

ところで、あの感触は感激ものです。

軽くボタンにタッチするだけで次々シフトしていく。

「カシン」 「カシン」 「カシン」 って感じ。

例えばフロントのシフトでいうと

レバーをひねって「ヨッコラショ!」がまったくない。

これってすごいことだな。 まさに革命に近いと思う。

精密機械が得意な日本だからこそ可能な技術。

下に目を移すとバッテリーがあったりして・・・・。

もう自転車の範疇を越えてしまってるような気がします。

お値段を聞いてまたビックリ。

一体どういう人が買うんだろうか。

本日のデータ(タニタの体組成計による測定は夕食前で統一)

体重:63.9Kg

体脂肪率:17.3%

筋肉量:50.0Kg

内臓脂肪レベル:9

基礎代謝量:1.439Kcal/日

体内年齢:28歳

走行距離:23.81Km (ガリレオ:朝練 水原コース)

平均時速:23.6Km

MAX:38.6Km

« 梅雨将軍 そして 夏至 | トップページ | チームウインドブレーカー、合同朝練 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

シフトは電動だろうと手動だろうと気持ちよく切り替えてくれるに越したことはないのでしょうけれど、グラム100円のこの世界、電動になるとバッテリーの重さが問題になるのでしょうか。わたしの場合は重さ以前にその金額のほうがはるかに問題だったりして・・・。

kojiさん
たしかにそうですね。
趣味で乗るには目の玉が飛び出る金額でした。

ところで電動が駆動力に及ぶと電動アシスト
になるので、そこまでやることはないでしょうけど。
電動化、軽量化、省力化が進むとその先にやってくるものは果たして何でしょうか?
いい方向に行って欲しいと思います。


ほしい
たかい
買えない

トホホ。

ちゃりけんさん
電動はいいのですが
なぜか寂しい気がしました。
これって自転車?

ピナ男さん、こんばんは~。

私もいきつけの自転車屋さんで電動デュラ触りました。フロントの変速、笑っちゃいますよね。
え?いつの間に変速したの??
っていう感じで。
でも、ウィーンというロボットみたいな音がちょっとらしくないですよね。

みくまさん
事情があって少しブログ放置してました。
ごめんなさい。

ところでエンゾ・早川さんの著書
「まちがいだらけの自転車えらび」では
シマノのことをこき下ろしてましたね。
少しわかるような気がします。
電動になって失ったもの、それは・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨将軍 そして 夏至 | トップページ | チームウインドブレーカー、合同朝練 »