« いよいよ明日だ!宮城県センチュリーライド160km | トップページ | パリ号メンテ »

2009年6月 7日 (日)

宮城県センチュリーライドに参加して

完全燃焼しました。

もうしばらく走らなくていいです。

Dscn1656

だんだん参加者が集まりだしました。 朝の南相馬市 北泉海浜公園。

結果からいうと完走はしたもののタイムアウトでした。

最後の方はペダルを回せど回せどゴールが近づかない。

あせると脚が交互につったりして坂道でダンシングもできません。

でも、この充実感は何なんでしょう?

エンジン付きの乗物では決して感じられないこの不思議な感覚。

でも、後で腰が痛かったりするんですけどね。

Dscn1660_2 

ヤッチマッタナー!!

うれしくて道ばたでお店を開いちゃいました。

掟やぶりのパンクです。 それもリヤです。

Dscn1662

後で考えたら私の脚力ではこの時点でタイムアウトは決まってたんですね。

走行中のパンクは初めてでした。

走ってたら急にフニャフニャした気がして肛門のあたりがムズムズしたような。

すぐに気が付いて止まって良かった。

ホイールを駄目にするところでした。

ところでチューブを交換して空気入れの時ですが

こんな小さな携帯ポンプでもちゃんと入るんですねー。

使ったことがなかったのでお守りみたいなものですが

この時は持ってて良かったーって心底思いました。

とはいえ、帰宅後空気圧を計測したら60PSIしかありませんでした。

メーターがないのでタイヤを指で押して硬さを確かめたのですが

これではリム打ちパンクの危険もあったわけです。

Dscn1659

原町スタート組 第二チェックポイント(磯浜)。

この頃はみんな元気そのもの。 雨が上がって晴れてきたしね。

私のパリ号、この後パンクした。  トホホホ  。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

Dscn1664

阿武隈川河口付近のサイクリングロード。

必死に追いかけるがまったくチームの誰の後ろ姿も見えず。

当たり前か。

だんだん走る気力が失せて・・・・。

この後、折り返し点の名取CSCで休憩中、残りの距離と時間を確認。

どう考えても制限時間内の到着は無理と判断。

しかし完走だけはしたいので必死にペダルを回し続けました。

ペダリングで少し力を入れると脚が攣る。

制限時間をかなりオーバーした頃やっと到着。

もうへろへろだよ~。

大会役員と待っていていれたチームのみんなには大変迷惑をかけてしまった。

それにkojiさん 怪我までしたのに待っててくれて。

すみません! どうもありがとうございました。

<感じたこと>

①平均時速20Km(8時間で160km)は何とかなるとたかをくくっていたのが

大きな間違い。実際は余裕はあまりない。

②私のように脚力に余裕のない人がパンクしたらかなり制限時間がやばい。

③日ごろからパンク修理の練習とパンク修理の道具の大事さを再認識。

道端でTOBIちゃんから教わった自転車倒立の修理方法でやった。

④ミニベロで軽く走破してしまう方がいた。スッゲー   w(゚o゚)w

(こっちは700Cのロードバイクなのに)

⑤心配してくれたチームメイトに感謝したい。

⑥写真を撮る余裕がなく枚数が少ない。

でも、来年もまた参加したりするのかな?  ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

本日のデータ(タニタの体組成計による測定は夕食前で統一)

体重:63.5Kg

体脂肪率:17.5%

筋肉量:49.7Kg

内臓脂肪レベル:9

基礎代謝量:1.426Kcal/日

体内年齢:29歳

走行距離:159.43Km

平均時速:22.0Km

« いよいよ明日だ!宮城県センチュリーライド160km | トップページ | パリ号メンテ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ピナ男さん、なにはともあれ、ご無事の帰還、そして完走、たいへんお疲れさまでしたあ〜。仲間の姿が見えず、焦るお気持ち痛いほど分かります。 最後までペダルを踏み続けた、ピナ男さんはエライ!ですよ。教訓、うわあ〜、僕のためにある気がしてなりません、、、 160㌔という距離を自転車で走ると言う概念は、一般の方々にはありません。僕もむかし、高校生の頃は走っていましたが、今はそんな距離はとても無理だろうなあ、、、そんなすごいことをやっちゃっただけでもスゴいですよ!
腰、膝、足首、背中、首、腕、そして脚、、、みんなみんな、おつかれさまです!まずはゆっくり休んでくださいね、、、happy01

ピナ男さん、ありがとうございました。
完走は出来たし、試走よりは、みんな早くゴールできてよかったですね。
また、走りましょう。
いまは、喉が痛いので、少し、ジテツウも休養ですかね。

ENDLESS HIDE

mattoshiさん
私にとってかなりハードでした。
試走の時よりつらかったのは何故?
多分休憩時間も限られているし精神的な
余裕がなかったせいかもしれません。
それにこのパンク。
普段ないのに本番でパンクする。
アンラッキーもほどほどにって感じでした。
kojiさんは集合前に転んで額に怪我をするなど
波乱含みのロングライドでした。
今度一緒に走れるといいですね。

HIDEさん
お世話になりました。
喉が痛かったのは私も同じです。
雨に濡れて体温が下がったせいでしょうか。
原因が良くわかりません。
とりあえずkojiさんやチーム全員が160km
走りきれてよかったです。
今回のバシさんの底力には脱帽しました。
またよろしくお願いします。

“ピナ男さん”パンクが無ければ、わたしのすぐ前を走ってい他のだと思います。わたしは磯浜CPを出てすぐに足が攣って道路脇で休んでいたのです。パンクがあったと聞いて、折り返し後に“ピナ男さん”とすれ違ったときは、本当にホットしました。
結局わたしもタイムオーバーでした。“ピナ男さん”来年はリベンジですね。

先日はコメントいただきありがとうございました。
自分も今週末、ひさびさにロングライドイベントに出ますが、
1年で12kgもメタボってしまったため、ピナ男さんの体型がうらやましいですよ。

機材トラブルは不運でしたねぇ。
なんでこんなときにって思いますもんね。
それでも完走を目指された姿勢は立派だと思いますよ。

kojiさん
それはないですよ。
鉄人kojiさんの前を走るなんて考えられません。
リヤのパンク修理を差し引いても
制限時間内に到着できたかは・・多分無理だったと思いますよ。
それよりkojiさんこそ今回は体調不良、アクシデントが重なり残念なことをしました。
お互いに今度は万全な状態で参加したいですね。
まずはお疲れ様でした。

あくせるさん こんにちは!
コメントいただきありがとうございます。
「なんでこんな時に!」って 逆に笑いが出ましたよ。自分に呆れました。
とはいえ得たものも多く参加してよかったと
思います。
ところで無線ですが、もっと活用する人が
増えてもいいと思うんですがね。自転車・無線で検索する方、けっこういらっしゃいますよ。
よろしければリンクさせてください。

ピナ男さん、センチュリーお疲れ様でした!

タイムアウト?
パンク?
そんなの関係ありませんっ!!
160kmというとてつもない距離を『自分の力』だけで走りきることが出来たということが、なによりの自分へのご褒美だと思います。
そして、完走したという事実はこれからのサイクルライフにとって大きな自信とモチベーションアップになると思いますよ。

今は戦士の休息が必要ですね。

160を8時間。
休憩入れずに時速20キロを保持するのはたいへんなんですね。
パンク1回で5分のロス。そのあいだに1km以上差がついて、そしたらもう、戻るのは無理ですよね。

厳しい大会なんですね。
それだけにやりがいもありそう。
次回は俺も参加してみようかな。
ピナ男さん、お疲れ様でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いよいよ明日だ!宮城県センチュリーライド160km | トップページ | パリ号メンテ »