« 暖かいというので | トップページ | パリカーボン偽造品出回る »

2009年2月15日 (日)

直江兼続とふくしま~幻の白河決戦と松川合戦~ 講演要旨

妻殿とふたり、午後から歴史の講演を聴きに行ってきた。

場所は、福島県文化センター。

講師は会津古城研究会会長 石田明夫氏。

この方は、地元紙「福島民報」の歴史欄によく登場する方で、

県内歴史ファンにはお馴染みの方でもある。

考古学の調査で山に入り、遺跡を測量中に熊に2回出合ったそうだ。

NHK大河ドラマ“天地人”撮影や歴史研究の裏話等を交え

おもしろくお話を聴くことができた。

Imgp1428

渡された資料に目を通します。

180人ほどの聴講生の前で、簡単な自己紹介に続き本題に入った。

以下、講演の要旨。

①“愛の兜”

  直江兼続が持っていたのは“愛の前立ての兜”だけではない。

  確認されているのは“トンボの形をしたもの”等、全部で4つある。

②神指城

  関ケ原合戦の引き金になったといわれる“神指城”は、のべ12万人

  の人員で建設中であったが、三成挙兵で未完のまま破城となり現在にいたる。

  その時使った石引きの道(山から切り出した石垣用の石)が今も残っている。

  神指城の前に“北田城”が計画されたが、高度の関係で水が引けずに断念。

  神指城は、城域がほぼ完全に残っていたが昭和40年代の水田ほ場整備で

  かなり  破壊された。

  神指城が完成していれば、中央の大阪、京都、 西の広島、東の会津

  のように巨大な政治・経済の拠点となっていた。

  あと1年あれば神指城は完成していた。

  神指城は政治、経済の城であり、家康との決戦用には最後の砦として

  向羽黒山城(山城)を考えていた。

  この城は、越後の春日山城より規模が大きく、戦い専用の城とされていた。

  Imgp1429

③妻、お船

  兼続の妻、お船(おセン)は3歳年上であり、墓の規模が兼続と同じ大きさ。

  当時としては珍しく、奥方の尻にしかれていたのではの件では笑いが。

④前田慶次郎

  パチンコで有名な“花の慶次”。前田慶次郎は7千石~1万石を与えられて

  いたが、前田利家と仲たがいし上杉家に召抱えられた。

  兼続は千石で召抱えた。

  直系の子孫が会津若松に住み、現当主は医者である。

  米沢にある前田慶次郎の墓には、パチンコ必勝祈願のため

  たばことパチンコの玉が添えられている。(笑)

  Imgp1430

⑤白河決戦

  幻の白河決戦といわれるが、小規模ながら一度両軍が戦っている。

  関ヶ原と同じ日に戦闘があり、徳川方39人、上杉方173人が戦死した。

  上杉景勝の本陣は8千人の兵力で須賀川市江花(国道294)にあった。

  母成峠の防塁は戊辰戦争時だけではなく、この時代にすでに一度

  つくられていた。

  特徴として戊辰は銃の戦いのため防塁が低く、兼続の時代と防塁の高さが

  違う。

  仮に両軍が激突していればどうなったか。

  戦力、戦略をみても上杉方が勝利していただろう。

  上杉勢約16万人、徳川方6万8千~8万。

  ただし徳川が本気で戦うつもりだったかは分からない。

⑥松川合戦

  松川合戦は、福島市内を流れる松川を挟み伊達、上杉が対峙した。

  徳川方の伊達が旧領回復のため上杉を攻撃した。

  松川は現在信夫山の北を流れているが、当時は信夫山の南を流れていた。

  伊達は豊臣秀吉存命中に芦名氏を滅ぼしたことを咎められ、生き残りの

  ために上杉にとりなしを頼み助けられたにも関わらず、恩を仇で返す形で

  上杉領に攻め入った。

  

*講演終了後、併設の歴史資料館を見学。講師の石田氏がニコニコと説明

する姿が。ほんとに好きなんだなーこの方、歴史が。

本日のデータ(タニタの体組成計による測定は夕食前で統一)

夜、外食のため計測していません。

  

« 暖かいというので | トップページ | パリカーボン偽造品出回る »

歴史」カテゴリの記事

コメント

とても意義深い時間を過ごされましたね。歴史の好きな“ピナ男さん”には、たまらないひとときだったのではなかったでしょうか。NHK大河ドラマ「天地人」、何倍も楽しく見ることができますね。

kojiさん たいへん楽しい時間でした。
聴講した方たち年齢層は高めなんですが、意外に女性が多くて驚きました。しかも熱心。
最後は一人の女性が、鋭い質問をしていましたよ。
私の妻殿は・・・?
その後の外食の方が楽しみだったようです。

ピナ男さん、新聞に記事が載っていましたね。熱心に聞き入るみなさま、、、本当に歴史がお好きなんですね。そして、きっとロマンチストなのでしょう。変える事が出来ない歴史に想いを馳せ、その当時をイメージされているドラマを見入る、、、
いい時間ですね〜。    今、自分が住んでいるこの場所で何があったのか、それを考えると、想いは尽きませんよね。

マットシさん 日本人はもっと自分の国の歴史を知るべきだとお思います。太平洋戦争で戦った相手が米国だと知らない若者もいるとか。とても信じられません。私の職場に某一流大学出身の若手がいますが、受験科目にないために歴史は殆ど勉強しなかったと言っています。ほんとにそれでいいのかな?と思ってしまいますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暖かいというので | トップページ | パリカーボン偽造品出回る »