« 春の予感 | トップページ | 暖かいというので »

2009年2月12日 (木)

タイムスリップ

休暇の今日、福島市内を流れる清流・荒川を経由し阿武隈CRを回って

約60kmほど走ろうと思った。

しかし、想定外の強風。 

阿武隈CRはやめにして、車を置いた あづま総合運動公園の中を

走り回ることにした。

ウオーキングや散策の方もおられるのでスピードは控えめに。

自分でアレンジした園内のコースを一周すると、約7~8Kmになる。

それを5周もすれば良い運動になるではないか。

あづま運動公園にした理由はもうひとつ。

福島市民家園の見学。

ただ古い家が並んでるようなイメージで、実際そうなんですが

その中にひとつだけ見たい建物があった。

“客自軒”の建物。

何だいそれ?  という方にご説明します。

Imgp1382_2

いいなー 藁葺き屋根。 昔はけっこう残ってたんだけどなー。

幕末の慶応四年四月、会津藩の穏やかな処分を嘆願していた

奥羽諸藩だったが、長人で奥羽鎮撫総督府参謀“世良修蔵”がこれに強硬に

反対し拒否、会津追討を命令。

これに反発した仙台藩士“姉歯武之進”に暗殺されたという事件。

その事件の舞台になった建物なわけです。

尋問等がこの“客自軒”で行われ処刑は阿武隈河畔でした。

Imgp1386_2Imgp1387_2

Imgp1389Imgp1390_2

なんだい ただのボロ屋という気もしますが、そんな血なまぐさい歴史もあったのです。

この他にも古い民家は保存されています。

とりあえず何枚か撮ってみました。

Imgp1369

私の祖母の家にもあった。戦没者遺族の証。

Imgp1376

赤い布が印象的な 灯篭?

Imgp1378

阿部家だそう。

Imgp1385

昔のお宿だったようです。 商人宿の表示。

Imgp1399_2

先ほどの客自軒 裏手。

さて、民家園を最初に見学したので、後は園内を走るとしましょう。

山が近いので、体感的に2~3%の傾斜があります。

そこをグルグルと4~5周しました。

散歩やジョギング中の方がいるのでスピードは控えめです。

でも、あー気持ちいいー。 運動するって最高だな と思う瞬間。

ときどき休憩を入れますが、こんな写真も撮れました。

Imgp1407

西の山にズームイン。

正面に見えるのが吾妻小富士。その右に一切経山の噴煙が見えます。

噴火しなければ良いのですが。

公園の周りにはこんなダイナミックな自然が・・・。

Imgp1414

公園の東には福島市街が広がります。

Imgp1418

くるまが来ないのでジテレンには最高!

Imgp1422

園内にはせせらぎも流れています。

Imgp1427

そのせせらぎには ネコヤナギが。

春は着実に近づいているようです。

たまには、練習とポタリングの混ぜこぜみたいなのも良いかもしれません。

本日のデータ(タニタの体組成計による測定は夕食前で統一)

体重:64.8Kg

体脂肪率:18.0%

筋肉量:50.3Kg

内臓脂肪レベル:10

基礎代謝量:1.449Kcal/日

体内年齢:29歳

走行距離:33.34Km

平均時速:19.0Km

« 春の予感 | トップページ | 暖かいというので »

自転車」カテゴリの記事

コメント

“ピナ男さん”きょうは本当にいい日でしたね。会社からは快晴の青空と真っ白い吾妻連峰が見えて、気もそぞろでした。ただ惜しむらくは風が少々強かったですよね。
今回も“ピナ男さん”のナビで楽しく歴史の勉強が出来てしまいました。同じ場所を見ても、“ピナ男さん”のように勉強されていれば、何倍も楽しく、また有意義な見方が出来るんだなあ、と感心してしまいました。

昨日の朝、起きてみると、すざまじい風が吹いていましたので、「ああ〜ピナ男さん、せっかくのお休みなのにな〜」と人ごとならず、憂いていましたが、天候は回復したので、良かった良かった、、、と思っておりました。
なーるほど、福島にはこういう場所があるのですかあ。 いいとこですね! 古民家園は目を見張る物がありますね! すばらしい。僕も見に行ってみたくなりました。奥州人の宿敵?だった世良修蔵ゆかりの建物まで残っているとは、、、 ちょっと衝撃でした。こういうのを管理するのは大変なのに、福島市はえらいっ! と思いました。
間もなく郡山にも古墳を復刻させた公園が出来るそうです。そこまで自転車を走らせるのもいいかもしれませんよね、ピナ男さん。 えっ、もう計画してましたか〜 
吾妻も素晴らしく、運動と文化が融合したピナ男さんの世界が満点のいいお休みでしたね。僕もいい勉強になりました。また、楽しみにしています!!

kojiさん 会社から西のお山を見てたんですね。お天気は最高だったのですが、土手の上は特に風が強くて。お正月のいわき自転車乗りで風の恐さを思い知らされましたから、すぐに予定変更しました。“客自軒”あそこにあるのはわかってたのですが、行きそびれてました。藁葺きの家がなんだか懐かしくて、古い家の前で佇んでいると子供の頃にタイムスリップしたみたいです。

マットシさん “世良修蔵”は幕末物のTVドラマで泉谷しげるさんが演じてたのを覚えています。役どころでは、とんでもない無法者といった扱いでしたが、出身地の長州ではまじめで人望があったとされています。まじめだからこそ、立場上敵方の嘆願を受け入れることができなかったんでしょう。土地が変われば人物に対する評価もだいぶ変わってきますね。福島市民家園は入場料300円。機会があれば行ってみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の予感 | トップページ | 暖かいというので »