« 古戦場めぐり | トップページ | 売り出し品 »

2008年12月13日 (土)

四百年ぶりの石垣

福島県郡山市には、石垣をもつ城はなかったと長年考えられてきた。

その定説がくつがえったのが平成12年。

そんなに昔の話ではない。

郡山市に買い物に行くついでに“その石垣”を見学に行くことにした。

Imgp1330

堆積した土や草を取り除き、400年ぶりに現れた石垣。

戦国時代末期から江戸初頭の築造と考えられている。

高さ約六メートル。古式穴太(あのう)積みの手法。

いいなー この雰囲気。

Gif_2 

ほんとは自転車で行きたかった。

しかし、買い物の量と天候を考えるとちょっと無理。 残念無念!

守山はR49を郡山市からいわき方面に向かって7~8キロの場所にある。

石垣を築いたのは誰か?

人夫たちに決まってんじゃん!という冗談はさておき、

まだはっきりとはしていないが、豊臣秀吉に派遣された蒲生氏郷の重臣

田丸具直ではないかと考えられている。

この地域の支配者の変遷は次のとおり。

田村氏→伊達氏→蒲生氏(氏郷)→上杉氏→蒲生氏(秀行)→のち城破却。

Imgp1324

フムフム ナルホド 解説ボードを読みます。

Imgp1328

それでは空堀に降りて石垣に寄ってみましょう。

Imgp1327

さらにズームイン  積み方が良くわかる 。

古式穴太積みという技法。

鶴ケ城天守台の石垣も同様の手法。

特徴は自然石をバランス良く配し、隙間に小石を詰めていく。

野面(のづら)積みともいう。初期の石垣で勾配は55度ぐらい。

Imgp1329

右下の土塁は二の丸と三の丸をつなぐ橋の

土台と考えられています。

この石垣をよじ登ると二の丸、さらにその先には本丸がありました。

現在、北端の出丸には神社があります。

そこにはなぜか相撲の土俵が。近くの守山小学校の生徒が練習でも

するんでしょうか。

Imgp1331

北側方向の出丸跡(神社)を望む。左側には民家や

小学校が。

Imgp1334

出丸跡に建つ神社 狛犬の顔がなにかユーモラスな雰囲気。

ところで、この守山城跡は、空堀と石垣のある土地は民有地だったため

埋められて宅地になる予定でした。

しかし、郡山市初の石垣発見の知らせは歴史関係者の心を動かし

また行政への働きかけも実り、保存の方向に大きく転換したそうです。

もう少しで埋められて宅地になり住宅が建てられるところだったのです。

何と勿体無い話だったのでしょう。

市が土地を取得し保存する方針なので、ひとまず安心といったところでしょうか。

本日のデータ(タニタの体組成計による測定は夕食前で統一)

体重:63.8Kg

体脂肪率:17.1%

筋肉量:50.1Kg

内臓脂肪レベル:9

基礎代謝量:1.440Kcal/日

体内年齢:28歳

走行距離:0Km

腹筋:80回

ローラー台練習時間:30分

* なんとか63kg台に踏みとどまっていますが、体脂肪率が上昇中です。

« 古戦場めぐり | トップページ | 売り出し品 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

みちのく自転車道御代田橋から行けるのですね。現場の近くには「城腰」「三ノ丸」なんていう地名があって、城の名残を今にとどめているんですね。さすがは“ピナ男さん”、わたしは全く知りませんでした。今度自転車で行ってみようかな。

<ピナ男さん>
守山城ですか~
守山はR49を郡山市からいわき方面に向かって7~8キロの場所と書いてありますが、どの辺なのかな?
自転車で行くのも、良いかもですね。

ENDLESS HIDE

kojiさん おっしゃるとおりみちのく自転車道から遠くないと思いながら見学してました。ところで100年でもなく300年でもなく400年ぶりっていうのが嬉しいのです。何故ってこの時代に石垣と出会うことができたから。半端な時代の発見だと破壊されてたかも知れないし。今度、機会があれば行ってみてくださいませ。場所は守山小学校のすぐ裏手になります。付近には「守山藩陣屋」というのもあったそうですが、時代がこの城とは違うようです。

HIDEさん 走ってますか?寒くてシューズの先っぽが冷たいです。もしかして守山はHIDEさんのご実家と比較的近いのでは?
R49に朝鮮学校の縦長看板がありますが、そこから左折すると守山小学校の裏手に出ます。グランドの脇に駐車させてもらいましたが、城跡専用の駐車場もありました。
お暇な時があれば、行ってみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古戦場めぐり | トップページ | 売り出し品 »