« カヌー漕ぎと自転車で | トップページ | こんなの買ってみた »

2008年10月28日 (火)

摺上川ダム・カヌー・自転車

平日のアウトドア遊び。 

以前からこの場所で浮かべてみたかったカナディアンカヌー。

ブログ友、マッットシさん親子とのんびり遊んできました。

Imgp1062

手漕ぎの船のみ許可されている。 発着は浮き桟橋から。

本当は、裏磐梯の桧原湖で遊ぶ計画だった。

しかし、当日は残念ながら雨の予報。

そこで計画を変更し晴れ予報の地域で遊ぶことになったのだ。

Dscn1119

受付でガイドマップをもらいGO!

Imgp1054

マットシさんの愛息 ユータロー君。

とにかく元気。 そこいらじゅう走り回りウオーミングアップ。

「うんせ うんせ」と桟橋までの長い階段をカヌーを持って降ろします。

Imgp1057 

薄日がさす中、沢の方に入ってみました。

当日は風がやや強く、風除けの理由もありました。

マットシさんは普段、自艇ではダブルパドルを使用しており

シングルパドルは勝手が違うとのこと。

のんびりしますねー。

Imgp1056

根っからのアウトドアマン マットシさん親子。

ユータロー君は自転車に乗りすぎハンガーノック状態?。

Imgp1061

広いなー これでも満水よりかなり下回っている状態だ。

Imgp1059

とても仲の良い親子。 スキンシップの賜物!?

Imgp1066

ユータロー君 カヌーを降りまた自転車復活。

Imgp1069

Imgp1070

今度は親子でヒルクライムレース。結果はお父さんの勝利で面目躍如。

この坂がけっこうきついのだ。15%はありそうな勾配。

Imgp1071

自転車はひとまず休止。 みんな腹ペコ BBQの準備。

ここは無料。水道あり、耐火レンガ製のBBQ台あり。

こんなのが我が家にもあると良いなー BBQ台。 自作しようかな。

背景に白っぽく見えるのがダムの堤体。 デッカー。

高さ50mはありそう。

Imgp1073

腹ごしらえが終わり、湖の周りを自転車で走ってみましょう。

右の坂道を登ればダム上部には行けるものの、ここは左側の階段を

あえて登ってみましょう。

ユータロー君が下を向いちゃってます。疲れたのかな。

Imgp1074

「わっせ わっせ」 子供さんのトレックをダム最上部まで運び上げ

今度は自分の自転車をかつぎます。 オトーサンは大変なのだ。

それにしても息が上がるほどの急な階段です。 ゼー ゼー。

Imgp1075

自転車をかつぐのが、これ程絵になる男を私はかつて見たことがない。

こんな感じで安達太良山や磐梯山まで登っちゃうのだ この方は。

Imgp1078_2

夕暮れ近づく摺上川ダム。通称“茂庭っ湖”(もにわっこ)

ダム湖一周道路は、まだ全部は完成していないが、歩行者・自転車

のみ通行が許されている部分がある。 距離は片道約3km。

Imgp1077

いいショットだと思ったらブレてる。

途中、ニホンザルの群れと遭遇。猿と会話ができるマットシさん

のお陰でサル退散。 ホットした。 「サル者は追わず。」

Imgp1079

対岸から見た例の浮き桟橋。上までかなりの距離がある。

Imgp1080

さらに自転車で進むとだんだん風景が変ってきました。

ダム湖のはずれの方でしょうか。

暗くなってきたので、この辺で引き返すことにしましょう。

今度はベースキャンプ(BBQやったとこ)まで一気に下ります。

気分最高。でもかなり暗いので注意、注意。 ライト点灯。

つかの間のダウンヒル。

心配顔の私の妻殿とベースキャンプ?で合流。

大変面白い一日でありました。

マットシさん、ユータロー君、楽しい時間をほんとにありがとう

ございました。 またどっか遊びに行きましょう。

湖の一周道路が完成すれば、自転車はかなり楽しめそう。

本日のデータ(タニタの体組成計による測定は夕食前で統一)

27日:早朝から出発のため朝練なし。

28日

体重:63.3Kg

体脂肪率:16.3%

筋肉量:50.2Kg

内臓脂肪レベル:8

基礎代謝量:1.443Kcal/日

体内年齢:26歳

走行距離:0Km

* さすがに今朝は体が動かず。 朝練中止。 体中の筋肉が・・・・。

« カヌー漕ぎと自転車で | トップページ | こんなの買ってみた »

自転車」カテゴリの記事

コメント

“ピナ男さん”と“mattoshiさん”とてもいい時間を過ごされましたね。共通のご趣味を持っておられることは何と素晴らしいものだと思いました。
わたしはまだ摺上ダムに行ったことがないので、“ピナ男さん”のお写真などとても興味深く拝見しました。今度は“mattoshiさん”のホームグラウンドの秋元湖でしょうか。

ピナ男さん、大変お世話になりました。ありがとうございました。おかげさまで息子共々、大変愉快で充実した時間を過ごす事が出来ました。ただただ、感謝です。(祐太郎は帰ってから宿題の作文に昨日の事を書いていました、とても楽しかったようです!)
ピナ男さん、体、大丈夫でしたか?(特に腰、、、)
ぼくはふくらはぎをやられました。筋肉痛です。
今日も裏磐梯に行ってカヌーをしてこようかな?なんて思ってましたが、向こうはとても冷たい雨が降っていたようなので、やめました。こういう日は家でのんびりしましょう、、、
写真、いい感じじゃあないですか! すごく雰囲気が出ています。昨日の空気感が画面からもろに伝わってきますよ〜。
そうそう、奥様にもくれぐれもよろしくお伝えくださいませ。また、行きましょう! 今度は呑みたいものですね〜! これからもよろしくお願いします。
PS* 僕の雑記帳もアップしておきました。当初、写真がアップロード出来ないので、文でガサを稼ごうと、一杯書いてしまいました。途中で解決策になるかどうか、調整してみたら今までとは違う手法ですが、アップOKになりましたので、写真も載せておきました。

kojiさん 裏磐梯と違って人工的な感じがしますが、ファミリーで自転車を持って遊びに行くには楽しいところだと思いますよ。今度、奥様と娘さんでも連れていかがですか?一周道路ができたらきっと面白いはずです。

マットシさんコメントありがとうございます。最初は裏磐梯の予定だったのに天気が悪く変更してしまいました。マットシさんには悪かったのですが勘弁してください。やはり秋元湖の方が情趣があります。こちらはあまりに人工的でした。ただ一周道路やBBQなどの設備が整っていてそれはそれで良かったのかも知れません。ところであの自転車かつぎ階段登りにはやられましたね。疲れましたがいい思い出ができました。それにしても祐太郎くんの可愛いこと。会話が親子マンザイみたいでとっても楽しい時間でした。次回もどっか遊びに行きましょう。

いいですね~
ピン男さん、マットシさん、カヌーに自転車ですか~
また、祐太郎君は、どんどん成長していますね~
もしかすると、来年は、ヒルクライムに出場ですかね??
また、走りましょう!
しかし、今日は、寒かったな~

ENDLESS HIDE

いいな、いいな~。
めっちゃくちゃ楽しそうぢゃないですか!!

以前読んだ本で、「自転車と船(カヌーのような人力)は良く似ている…」というようなことが書かれてありましたが、音が静かで自分の力だけで進み自然との一体感がある…
思わずこのエントリーをみて思い出しました。

そこに遊びの天才、子供が加わるともう楽しさ倍増ですよね!

103さん コメントありがとうございます。福島弁でいうと「コメントどーもない。」となります。まあそんな事はどうでも良いのですが、カヌーは腹筋をけっこう使いますね。自転車をかつぐと脚力もつくしいいことづくめです。ところで、汚れを知らない少年時代が一番幸せだった気がします。ちょうどユータロー君ぐらいの。

HIDEさん コメントありがとうございます。来年あたりエンドレスメンバーで遊びませんか?カヌー&自転車で。祐太郎くんは素直でかわいい子供さんでした。SUGOファンキーエンデューロではあれぐらいの年齢の子供が元気に走ってましたよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カヌー漕ぎと自転車で | トップページ | こんなの買ってみた »