« 一喜一憂?63kg台再び | トップページ | 「年金特別便」 »

2008年9月13日 (土)

やっと撮れた カヌー島山コース練習風景

午後3時頃から雨の予報。

ならば 午前中走ってきちゃいましょう。

目指すはカヌースラローム島山コース。

ずっと前から練習風景の写真を撮りたかったのにどうにも

タイミングが悪くできなかったのです。

Dscn0995_2   

今回は練習中であり、やっと撮ることができました。

しかし コンパクトカメラの限界。

デジイチならもう少し寄ることができたのですが。 (´;ω;`)ウウ・・・

最初の写真は3mの落差があります。(lll゚Д゚)

ここをクリアすると左に鋭くカーブし阿武隈川の本流に合流。

Dscn1000_2

大きな岩をクリア 流れは急。白い泡が激流を物語っています。

ここでバランスをくずし転覆すると、命にかかわる危険が。

ヘルメットを被っていても水中にある頭部が川底の岩と激突し

首の骨が折れる危険性があります。

 

練習中の方たちは国体の強化指定選手。

だからこの危険な場所で練習できるのです。 ってことは上級コース?

なぜ知ってるのかって・・それは後で。

Dscn1001Dscn1002Dscn1010

岩をクリアし くるっとターン。激流が渦巻きます。

Dscn1011_2 

今回いろいろと教えてくれた穂積コーチ。

国体カヌー競技の強化コーチです。とても気さくな方でした。

なんとこの方は自転車にも乗っておられます。

トレック・マドンのデュラエース仕様。ホイールはMAVICキシリウムSLを

装着。 ロードバイクにくわしく 今はヒルクライムが好きとか。

現在ノーマルクランクを装着中だけどトリプルをつければ良かったなどと

おっしゃってました。 ( ̄▽ ̄)

なんでそんな人が川にいるんだよー というのはさておき

いろいろ教えていただき ありがとうございました。

カヌーの材質は自転車の素材と同じカーボンが主流なのですが

違うのは カヌーではケブラー繊維を併せて使うんだとか。

カーボン単独では 破断すれば修復できませんが ケブラーを使うことにより

修復しながら艇が継続使用可能になるんだそうです。

一艇の値段はおよそ40~50万円。 選手の体格にあわせオーダー。

納期は半年。

国産で造れるメーカーは無く すべて海外からの輸入に頼っているのが

現状のようです。

えー そんなー w(゚o゚)w  技術立国日本にしては寂しいですねー。think

Dscn1013_2 

小さく私も失礼 コーチに撮ってもらいました。

本日のデータ(タニタの体組成計による測定は夕食前で統一)

体重:64.0Kg

体脂肪率:17.7%

筋肉量:50.0Kg

内臓脂肪レベル:9

基礎代謝量:1.436Kcal/日

体内年齢:29歳

走行距離:40.10Km  坂道多し

« 一喜一憂?63kg台再び | トップページ | 「年金特別便」 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

おお、“ピナ男さん”も島山でしたか!わたしが栗拾いなんてしていたものだから、そこに着くのが10時半ごろになってしまいました。なんと残念なことをしました。
それにしても、わたしは練習しているのを稚児舞台の展望台のほうから見ていましたので、近くへは行かなかったのですが、“ピナ男さん”は念願の練習も見れたし、とてもいいお話が出来て良かったですね。

ピナ男さん、先日はありがとうございました。
そしてお疲れさまでした〜。
おおー!!カヌーですか!すごいすごいdash
こんな急流を、、、さすがは国体強化選手、僕なんかこんなところに入ったら、2秒で秒殺される事、確実です。coldsweats01
PS2(ゲーム)のソフトでカヤックのソフトが有りまして、、、アメリカ製。こんな急流をパドルを駆使して下り、タイムを競うのですが、(かなりグラフィックはきれいです)流石の僕もこれには、酔います、、、吐き気を催すので、お蔵入りです。
実際のカヤック、死の危険もあるのですから、もうたまりません、、、うちの兄のところにカヌー(独り乗り)があります。今度乗ってみたいとは思うのですが。なにやら静水でも、すぐ転覆しそうなので、ちょっと躊躇し続けています。やはり、僕には”第十共栄丸”でのんびり、がいいのかもしれません。

あれ~kojiさんも来てたのですかー。何やらそんな予感がしてはいたのですがー。お会いできれば最高だったのですがね。カヌーの世界も奥が深そうですね。艇体の材質やら漕艇技術やら。深追いすると大変なことになるのでこれくらいにしたいと思います。それにしても栗を拾っているkojiさんを想像すると楽しくなってしまいます。

マットシさん 先日はたいへんお世話になりました。この場所に行くにはけっこう坂道をクリアしなければなりません。「脂肪燃焼、脂肪燃焼!!」と呪文のように繰り返してはいませんけど、出発前に「よし行くぞ!」くらいの気合は入れて行きます。ところでお兄様もカヌーをお持ちだとか。兄弟そろってアウトドア大好きファミリーなのですねー。大変うらやましいです。それに引き換え我が妻殿は・・・。「日に焼けるのが嫌だ!」とか言って外遊びはしません。世の中なかなかうまく行きませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一喜一憂?63kg台再び | トップページ | 「年金特別便」 »