« カマキリとミントの花 | トップページ | 63kg台突入 »

2008年8月10日 (日)

夕方はハンターカブとデート

朝練はいつもの水原コースでしたが もう少し先まで行ってみたくなりました。

その先というのは“クマガイソウ”の群生地なのですが 道路の脇を渓流が流れ

なんとも涼しげなのです。

Dscn0927_2

実際もやはり涼しい しかし坂が多いのがちょっと難点か。

ヤマメがいそうな感じです。

予報では今日は 気温が低めだったので そろそろかなと思っていた

芝刈りをすることにしました。

平らな部分と斜面の部分を一気に刈り上げ芝生に肥料を撒く。

あと一ヶ月ぐらいは このままもって欲しいものです。

さて夕方はタイトルにもあったハンターカブとの散歩。

島山カヌーワイルドウオーターコースに行ってみました。

Dscn0933

対岸の稚児舞台公園 阿武隈川が大きく蛇行しています。

Dscn0934

この先が島山コース 夕方なのに練習する人影が。

Dscn0935

あ~残念 もう練習を終えたようですね。

こんな所でボーっとするのは良いかも知れません。

すると そのボーっとしてる顔に雨粒がポツリ。

段々強くなってきたので逃げの一手です。

体重:64.2Kg

体脂肪率:17.3%

筋肉量:50.3Kg

内臓脂肪レベル:9

基礎代謝量:1.448Kcal/日

体内年齢:28歳

走行距離:28.51Km

« カマキリとミントの花 | トップページ | 63kg台突入 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

相も変わらず“ピナ男さん”のパワーには感心してしまいます。朝練、そして庭の芝刈りというのがまず感心です。そして夕方のハンターカブでの散歩。充実してますね!
ところでハンターカブのマフラーは深みに入ったときのためにそのような形状にしてあるのですか?吸気口やエアクリーナーの位置も従来のものより高い位置にあるのですか?質問ばっかりでスミマセン。

kojiさん こんにちは。ハンターカブ可愛いでしょう。タイヤのパターンからしてオフロード用のものですが 昔からこの手の単車はアップマフラーといって上に出ています。泥濘地にはまった時のためにエアインテークも車体の上部にありけっこう水没してもOKなつくりになっております。もともとこのカブはニュージーランドへの輸出車で主に牧場の見回り用に現地では使用されてるようであります。日本ではマニアも多いようですよ。長くなりすみません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カマキリとミントの花 | トップページ | 63kg台突入 »