« 朝練の後は・・・桜の消毒 | トップページ | '08相馬野馬追い »

2008年7月21日 (月)

ハンターカブでトレッキング

修理から戻ってきたばかりのハンターカブと一緒に 自転車トレに

最適なコースを探しにやって来ました。 阿武隈カヌー漕艇場周辺の山です。

Dscn0873

やや!舗装が途切れた!

この辺りは カヌー競技の国体が行われたこともあって“静水用”と

“ワイルドウオーター用”の二種類のコースがあります。 

今日は後者の周回コースがないか道を探しに来たわけです。

地図ではいくら目をこらして見ても、途中で途切れて悪路になっています。

これではロードバイクで通行するのは絶対無理。

でも地図情報が古いということもある。実際“静水用”コースは周回コース

の記載がないのに新しい道路ができている。

結果からいうとまだ未開通でした。

途中までは立派な舗装路ができてますが、その先はけもの道になっちゃってます。

Dscn0875

こんな感じです。でも四輪車のタイヤの跡がありますね。

Dscn0876

前方を見ると通行が厳しくなってきました。

Dscn0877

あ~ これでは もう完全にムリー 少し引き返し迂回路を探します。

Dscn0878

ありましたねー 迂回路。 

カブの110CCエンジンが唸りをあげますが急な登り坂は、くっ 苦しい。

Dscn0880 Dscn0881

ここでホンダ ハンターカブの紹介をしましょう。 ご覧のとおり車体左右にスタンドがあります。

荒地ではたいへん重宝します。

Dscn0883

特徴的なのはサブミッション L(ロー)とH(ハイ)の切り替え 普段はHで走行しますが

泥濘地や急な坂道ではLレンジに切り替えます。まるで四駆のよう。

白っぽい逆凹型のが切り替えレバー、タイヤのブロックパターンは飾りじゃないのです。

島山ワイルドウオーターコースの駐車場でしゃがみこんで写真を撮ってたら

近くの駐在さんのパトカーに職質されました。

お仕事ご苦労さまですが、あまり気分の良いものではありませんね。

そんなに怪しく見えたのでしょうか?

気を取り直し、まだ走ったことのない道を走ってみましょう。今度は舗装路です。

ブログ友 kojiさんのブログで紹介されていた道を走ってみたくなりました。

私が福島市に越して来てまる8年。  近所なのに未だに知らない道はたくさん

あるのです。 そんな時、自転車やこのハンターカブは最適です。

NZからの逆輸入 このハンターカブ 本来は牧場用なんですが日本の道でも

活躍してくれます。

Dscn0884

馬洗川渓谷にて 小規模ですが涼しげで夏には丁度良い感じです。Dscn0885

竿があればちょっと釣りをしてみたい。山女なんかいそうですね。

今日の気温は低めでどんよりとした天気。 昼でも暗い渓谷を走っていると

なんだか妖怪さんが出そうです。あの崖の大きな岩は“ぬりかべ” 畑で

作業してるおじいさんは “こなきじじい”  ・・・ 失礼!!

Dscn0886

二本松市 東和町を経て福島市 飯野町に入りました。

カブ号が佇んでいるのは 廃線マニアでは有名 “国鉄川俣線”の跡です。

昔はここをSLが走っていました。 なんだかそんな雰囲気があるでしょう。

Dscn0887

帰ってきました。飯野ダム 見慣れた水力発電の年代ものダム。

ここから我が家まではすぐの距離です。

家の近くなのに知ってそうで知らない道がけっこうあったりする。

そういうショートトリップに自転車やハンターカブは最適と感じました。

この後、夕練にてロードバイクに乗り換え。(坂道中心で走行)

本日のデータ(タニタの体組成計による測定は夕食前で統一)

体重:65.1Kg

体脂肪率:17.6%

筋肉量:50.8Kg

内臓脂肪レベル:9

基礎代謝量:1.463Kcal/日

体内年齢:29歳

走行距離:24.56Km

« 朝練の後は・・・桜の消毒 | トップページ | '08相馬野馬追い »

モーターサイクル」カテゴリの記事

コメント

いいですね〜!!ハンターカブ。シルクロードやハンターカブに心を奪われる。この頃です。あ〜、ぼくもBAJA,復活させようかな〜、、、

行かれたのですね、ハンターカブで!それでルートを選定して、ロードで走れば鬼に金棒ですね。
馬洗川渓流は涼しげで良かったでしょう。でも残念なことは距離が少々短すぎですよね。あれが延々と続いていたら最高なんですけれどね。

このハンターカブは平成8年式なのでもう12年物です。郵政カブに間違われることもありますが、どうしてなかなか気に入ってます。オフロードの乗物って別に荒地を走行しなくてもなんだか夢がありますよね。最近このぐらいのサイズが可愛くてね。人間カブに始まりカブに終わるって昔聞いたことありますけど私もその境地になってきたのかもしれません。BAJAもいいですよね。大きくて力もありそうですし。コーナーでリアタイヤをドリフトさせてクリアする。ただ日本の林道ではサイズが大きくないですか?セローあたりが私にはジャストサイズかも知れません。

kojiさん そうなんですよ。ルート探索にはカブ号は最適なんです。道を間違えてもすぐUターンできますしね。ロードバイクで未知の道を行くとその先に凶暴な激坂が待ってたりしてね。市販の地図では傾斜まで良く分からないですから。今度新しい良い道を見つけたらご紹介します。

ハンターカブかっこいいですね。赤のカラーがとてもお洒落です。ガソリンが高いですから自分もスーパーカブの整備をすことにします。とりあえずバッテリーが死んでました。

ざっきーさん こんにちは ざっきーさんもカブをお持ちだとは知りませんでした。このハンターカブは愛好者が多く自分で車体色を塗りなおしたり、エンジンチューニングして楽しんでる方がけっこういます。これだけガソリンが高いと自動車の使用も考えちゃいますよね。カブ記事もアップお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝練の後は・・・桜の消毒 | トップページ | '08相馬野馬追い »