« レンゲ畑とおじさん | トップページ | “稚児舞台”でカヌー見学 »

2008年6月 6日 (金)

トワイライトラン

珍しくほぼ定時で退社。 帰宅して午後6時半。

「まだ明るいぞ 走れる。」

ブログ友のkojiさんの日課 “ナイトラン”

それにあやかって、私も夕暮れせまる中を自転車でこぎ出した。bicycle

kojiさんのナイトランはかなり遅い時間 例えば日付が変わる頃である。moon3

私のは夕暮れ時 日が沈む頃なので“トワイライトラン”と勝手に名づけた。delicious

6時50分に走り始め、帰宅が7時50分頃だから いくら夏至が近くても

真っ暗である。 当然、前後にライトを点けての走行だが、夜の農道はなんとなく

怖い。こわいのはお化けが怖いのではなく、ライトが小さく暗いため。

路面の凸凹が良くわからない。段差で前輪を取られる恐れもある。

いくら3LEDといっても いささか心もとないな。

Dscn0731

小型のライトは非常用と考え、夜はもっと本格的なライトが必要と感じた。

本日のデータ(タニタの体組成計による測定は夕食前で統一)

体重:66.5Kg

体脂肪率:17.7%

筋肉量:51.9Kg

内臓脂肪レベル:10

基礎代謝量:1.497Kcal/日

体内年齢:28歳

走行距離:21.71Km

ヒンズースクワット:100回

腹筋:80回

* 帰宅後、自転車で走れるなんて まさにそういう季節になったというわけだ。

« レンゲ畑とおじさん | トップページ | “稚児舞台”でカヌー見学 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

一年中で今が一番日が長いときですから、“トワイライトラン”もいいですね。でも“ピナ男さん”がおっしゃるように、中途半端な薄暗さだとかえってLEDライトの光では見づらいところがあるのかもしれませんね。
LEDの光は強烈そうなのですが、青白い光なのでどうしても十分明るいとは感じられない気がします。万が一電池が弱ってきてもいいように、LEDライトの二連装もいいかも知れませんね。

ピナ男さん、おはようございます、103です。
自分は1年中早朝に走ることが多いので、『LEDは明るいんだけど、心もとない』というのが良く分かります。

ブルベやMTBで一晩中走るレースに出る人は、ものすごいライトを使っているそうですので、本来ちゃんと(路面を)見ようとすると、ごっついのが必要なんでしょうね。

いつも走りなれているCRを流すくらいならLED1灯でもいいや、と割り切って使っています。時々歩行者が暗闇の中に突如現れてビックリすることはありますけど。

夜走ることは殆どありません。今回は30分で帰るのが1時間だったので妻殿に怒られてしまいました。kojiさんが平気でナイトランできるのが不思議です。それとも私はただの恐がりなのか鳥目なのか?

103さん 点灯走行慣れているようですね。ライトを点けると虫が寄ってきませんか?昨日はけっこう虫が口にはいってきました。ペッペッ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レンゲ畑とおじさん | トップページ | “稚児舞台”でカヌー見学 »