« ツーリング洞爺湖 | トップページ | ちびころ購入 »

2008年6月22日 (日)

6月の花たち

東北地方も梅雨入りし うっとうしい雨の季節がスタートした。

案の定 今日は降ったり止んだり・・・・・。

それでも私の庭には、いじらしく6月の花たちが咲いている。

Imgp0878

ナツツバキが咲いてます。

純白の花は咲いたらすぐに落ちてしまいます。はかないですね。

一所懸命に咲いている花たちを写してあげました。

Imgp0880Imgp0877

メドーセージ 咲き始め 青紫の花が涼しげです。

ラベンダーも今が満開です。切り戻すと2回花が楽しめます。

Imgp0881Imgp0882

チェリーセージ  赤とアプリコットカラーの2色 こちらも咲き始め

Imgp0885_2

なぜかうちには2鉢さつきの盆栽もある。 知り合いのおばあちゃんが亡くなる半年前に

私にくれたのだ。 自らの死期を悟って私に託したとしか思えない。 樹齢60年。

私が枯らすわけにはいかないのだ。 盆栽は良く分からないけど一本の木から

2色の花が咲く不思議。

今日は自転車で体脂肪を燃やす事はできなかった。困った雨降りではある。

本日のデータ(タニタの体組成計による測定は夕食前で統一)

体重:65.4Kg

体脂肪率:17.9%

筋肉量:50.9Kg

内臓脂肪レベル:10

基礎代謝量:1.467Kcal/日

体内年齢:29歳

走行距離:0Km

« ツーリング洞爺湖 | トップページ | ちびころ購入 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

なつつばき ナツツバキ、夏ツバキ、夏つばき、夏椿、NATUTUBAKI、いろんな書き方がありますが、なんか響きが好きです。我が家の庭にもリビングのすぐ前にナツツバキが咲いています。白い外輪の中に黄色い花央。まるで目玉焼きの様はピナ男さんがおっしゃるようにはかなく、すぐにポトリ、、、
地面に落ちると焦げ目が付く様に、茶色く変色してしまいます。儚い夏の使者、夏ツバキ。
夏という語がつく、僕の好きな花です。

それにしてもピナ男さんのお家は花が一杯。すてきですね〜。やさしいピナ男さんなら、、、と託されたおばあさんのお気持ち分かる気がします。
僕も実家に金透小学校卒業の際にもらった記念のつつじがあります。今は父親任せですが、大事にしなければいけませんね。

“ピナ男さん”のところには、綺麗で可愛らしい花が沢山あるのですね。「メドーセージ」や「チェリーセージ」は“セージ”っていいますから、ハーブなのでしょうか?
うーん、この梅雨のしっとりとした雨に濡れて、想い出深い花や、旅立たれた方を偲ぶ花もあるのですね・・・。

ピナ男さん、こんばんは。
ピナ男さんのお宅は、春からお花が絶えませんね。一面の花畑に囲まれて、ゆっくりお茶を・・・そんな風景を勝手に想像して、勝手に羨ましがっています。

マットシさん 私は知らなかったんですがさつきの盆栽って勝手に自分で木の幹が曲がるのかと思っていたらそうではなく実生から育て重力の反対に伸びる習性を利用し鉢を一定期間傾けた状態で幹を成長させるんだそうです。よく考えたなー。頭のいい人はいつの時代にもいるのだなーと思ってしまいます。

kojiさん この亡くなったおばあさんも先に死んだご主人から受け継ぎ育てたといってました。盆栽を頂いたのが約8年前です。知識もないままにどうにか枯れずにいてくれます。水をやる時はたまにあのおばあさんの顔を思い出します。

みくまさん そんな立派なお庭じゃないんですよー私んち。狭い庭なんです。ただ色んな花が咲いてると癒されますねー確かに。みくまさんも相当な花好きとお見受けしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツーリング洞爺湖 | トップページ | ちびころ購入 »