« やはり正月ボケ | トップページ | いい映画だったな »

2008年1月 9日 (水)

無線塔のお話

原町(現 南相馬市)無線塔  今はもう無い  かなり異様な建築物であった。

 それを見たのは 小学校の修学旅行で松島を観光バスで見に行った時だ。

国道6号を走るバスの窓から見上げたその物体は巨大で不気味でとてつもなく

高かった。200メートルはあったそうだが 小さい子供が見ると余計大きく見える

ものだ。今と違って周囲には畑しかなかったから その異様さが記憶の中に

しっかりと残っている。

Dscn0329 Dscn0330

今は取り壊されこんな更地になっている。ゲートボール場のような公園のような

よくわからない土地。 写ってないが隣は「道の駅南相馬」

Dscn0331

こんなのが聳え立ってた かなり不気味でしょ。 なんでも関東大震災の第一報

を米国に打電した塔として記録されている。 撤去される前は老朽化しコンクリート

片が落ちてきたりして危険だったそうだ。 塔の中は空洞で 一本の鉄の梯子で

最上部まで繋がっていたとのこと 内部を一度見てみたかったと悔やまれる。 http://homepage3.nifty.com/shimoeda/haramachimusentou.html

詳しく見たい方は上記「原町無線塔」をご覧になってください。

本日のデータ(測定は夕食前で統一)

体重:67.5Kg

体脂肪率:18.6%

筋肉量:52.0Kg

内臓脂肪レベル:10

基礎代謝量:1.505Kcal/日

体内年齢:30歳

走行距離:0Km

ヒンズースクワット:100回

腹筋:80回

ローラー台練習時間:25分

« やはり正月ボケ | トップページ | いい映画だったな »

自転車」カテゴリの記事

コメント

昭和56年まで有ったと言うことですが、見たことがありません。わたしは原町方面に行ったことが無かったんだと思います。
それにしても、コンクリート製というのがスゴイですよね。一番下の直径は相当な物だったんでしょうね。写真の6号線を走る大型自動車と比べて見ると、15~20mぐらいは有ったのでしょうか。

当時の町のシンボルだったものを不気味の言葉でしめくくるのは如何なものでしょうか。その町の誇れる建造物であったろうと思われます。

kojiさん こんにちは 子供の頃でしたが巨大で
怖かったです。今も残ってれば良い観光資源になったかも知れないのにたいへん残念です。お金をかけて補強するとか方法はなかったのか考えてしまいます。

通りすがりさん たいへん失礼しました。町のシンボルだったものを不気味といってはいけないですね。反省しきりです。子供の頃 とてつもなく巨大で恐ろしかったものですから。残して欲しかったと願うものの一人として表現の仕方を注意しようと思います。

無線塔、なつかしいですね〜。僕も何度かTVで見た事がありました。過去の遺物、遺産、なのでしょうね。遺産、、、身近にも結構いろいろとあるかもしれませんね。たとえば、消防署の監視塔、郡山はなくなってしまいました。それとともにお昼のサイレンがなくなってしまいました。携帯電話の普及とともに必要がなくなったそうです。なんだか寂しいですね。時代の波に飲み込まれてしまったものを思い出す事、大事ですよね、、、。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やはり正月ボケ | トップページ | いい映画だったな »