« 忙しくて死にそう | トップページ | 福島城址ポタリング »

2007年12月 8日 (土)

福島荒川サイクリング

荒川といえば東京の荒川がダントツ有名だが福島市にも荒川はあります。

天気が良いのでショートツーリング行ってきました。

 福島の荒川は吾妻山を源流とし福島市内信夫橋のところで阿武隈川と合流します。

流域は市西部の あずま総合運動公園・四季の里~国体記念体育館・相撲場~

荒川運動公園と続き スポーツの雰囲気が漂うエリアです。阿武隈川と合流した後は

庁裏(福島城址)~福島競馬場裏~信夫ヶ丘競技場と歴史と文化の香りが高いエ

リアです。

前置きが長くなってしまいました。 さっそく出かけてみましょう。

Dscn0197

車内はこんな感じです。 

Dscn0198

出発地 あずま総合運動公園 遠くに見えるのが市街地

無料大駐車場あり。

Dscn0199

運動公園の西 小富士橋からパチリ。

Dscn0200

四季の里北側 アサヒビール園が見えます 他にリンゴ

の産直売店がある おいしいので地元の人も買いに来る。

Dscn0201

荒川の土手は日々整備されてるようです

この場所も最近舗装が完了 走りやすい。

Dscn0202

下流に向かって走ります 下りなので楽チン。

おっ 信夫山が近づいてきましたね。

Dscn0205

県庁裏のゆるやかな流れ 昔は舟運が盛んだった。

Dscn0207

もっとCRを北に行くと福島競馬場の裏手に出ます。

Dscn0210

松川橋から折り返して来ました こんな感じのCRです。

Dscn0211

再び県庁裏の水辺 鴨がのんびり泳いでいます。

Dscn0220

上流に向かっています 当然ゆるやかな登りです。

Dscn0221

目線を上げると吾妻の山並み 中央に見えるのが吾妻小富士

噴火口です。(登ってみると面白い)

Dscn0222

あずま総合運動公園に戻ってきました。

Dscn0224

陸上競技場です 向こうは野球場。

Dscn0226

公園内の直線道路 くるま通行止め この道路幅を自由に走れる。

散歩、ジョギングの方もいるので注意して走行 直線で約2Kmはある。

夏場は緑のトンネル 涼しい。

Dscn0227

あずま球場 プロ野球の公式戦もたまにやります。

Dscn0228

お気に入り 公園内プラタナスの並木道 すっかり葉を落としてる。

Dscn0230

はい 戻ってきました 夕景です 。

Dscn0231

公園案内図 こんな配置になってます。

今日の感想

ほとんどが公園内と土手の経路なので安全にスポーツを楽しむことができる。

途中 福島城址などの歴史ポタリングを楽しめる。

あずま総合運動公園は家族連れで一日中楽しめる。

本日の行程は約50Kmと半日のサイクリングには最適。

本日のデータ(測定は夕食前で統一)

体重:67.0Kg

体脂肪率:18.8%

筋肉量:51.6Kg

内臓脂肪レベル:10

基礎代謝量:1.489Kcal/日

体内年齢:31歳

走行距離:50.35Km

* 福島城址は後日レポートします。

« 忙しくて死にそう | トップページ | 福島城址ポタリング »

自転車」カテゴリの記事

コメント

きょうはとても暖かくて言い天気でしたね。とても気持ちよく走れたのではないでしょうか。
運動公園から市内松川橋まで続いているとは知りませんでした。自転車の方も大勢走ってらっしゃるのでしょうか。

福島市内で50キロ走れるコースがあるのですね〜。いいですね。のんびりと自分の街を眺めながら走る。いろんな事を考えながら、、、 いや考えずに、、、どっちもありですよね。お忙しい最中とはいえ、そんな心のゆとり時間、すご〜く大切ですし、それが感じられ、かつ時間を創りだす感性とでも言うんでしょうか、、、人生においてすんごく!!重要な気がします。あ〜自転車乗らねば、、、

“ピナ男さん”にお願いなのですが、わたしのところのブログ
http://blog.goo.ne.jp/koji5678/e/5083a0840b1e7a683a35ff4f6113eeb5
に“初級人さん”から冬のウエアについてのアドバイスを求めるコメントがありました。タイツの使用感などについての問い合わせもありましたので、コメントしていただければ幸いです。

kojiさん 山すそから市内中心部まで安全に自転車で行けるというのは石油エネルギー節約、運動不足解消、歴史のお勉強という三つの点から優れていると思います。今後石油が高騰すればますます重要になると思うのでもっとサイクリングロードの整備をして欲しいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 忙しくて死にそう | トップページ | 福島城址ポタリング »