« 都会はある意味悲しいですね。 | トップページ | ローラー台に変更です »

2007年11月 7日 (水)

快晴の裏磐梯へ

晩秋ではありますが 紅葉見物に行ってきました。

年に一度は 裏磐梯に紅葉を見にいくのが我が家の習慣です。

裏磐梯高原・・・ここは我が家からくるまで約1時間の場所にある風光明媚な場所。

紅葉は盛りを過ぎ 寂しさが感じられる季節になってきました。

平日でもあり 観光客はまばらでしたが 写真で今日1日を紹介します。

Dscn0095

道の駅つちゆ  利用した方も多いかと思いますが トイレが

増設されました。これでトイレに長蛇の列ができなくなる?

向こうの山は 吾妻小富士&浄土平

Dscn0096

東京電力 秋元湖水力発電所 長い歴史をもつ このパイプ

の上部が秋元湖の湖水につながる

Imgp0656

その秋元湖全景 観光客は普通ここまで

Imgp0664

湖岸を回りほぼ反対側からの写真 昔この手前の岸でテントを張ったことがあるが 

今は禁止の看板が立ってる 偏光フィルター使用 中央に小島あり 昔カヌーで上陸した

Imgp0659  Imgp0663

岸辺を撮影 澄んでますね 水が                    車はここまで 後は歩きかMTB

Imgp0665

腹減りましたね! 裏磐梯 猫魔ホテルで食事です。

Dscn0102

東京駅に直行便があるんですか。それは便利ですね。

Dscn0099    Dscn0100

ビアンキのチェレステカラーママチャリ?(でも変速機つき)とMTBはレンタルで利用できるんだねきっと。

        Imgp0667_2

                    曾原湖のボート乗場

Imgp0669

       北(曾原湖)から見た裏磐梯 中央のへこんでる部分が噴火で吹っ飛んだ

さて そろそろ帰りましょうかね。 日が傾いてきたので高原から猪苗代湖方面へ

Imgp0672

東から見た磐梯山 中央の山体が吹き飛び大量の火山弾を撒き散らした 手前の大きな岩はその時

飛んできたもの 広い範囲に散らばっていたものをここに集めたんだそうです。 周辺には動かしようが

ないほどもっと巨大な岩がいまだに鎮座してる。 それにしても当時の人は恐怖だったでしょうね。

こんなのが頭上に降り注いだわけですから。

この後 郡山の自転車店 サトーサイクルで買い物をしようと思ったら 眠気が

襲ってきました。仮眠をとり 予定変更 朝来た道を同じようにたどり我が家に

帰り着きました。 ああ無事故で良かった。!!

本日のデータ

体重:67.5Kg

体脂肪率:19.9%

筋肉量:51.3Kg

内臓脂肪レベル:10

基礎代謝量:1.483Kcal/日

体内年齢:33歳

走行距離:26.74Km( 朝練のみ)

ローラー台練習時間:30分

« 都会はある意味悲しいですね。 | トップページ | ローラー台に変更です »

自転車」カテゴリの記事

コメント

家族サービス、ご苦労様でした。天気がよくてなしよりでしたね。でも裏磐梯の紅葉は少し遅い感じでしたか。曽原湖からの写真、とてもいい感じです。

kojiさん こんばんは 快晴・無風 なかなかないですこんな良い日は おかげさまで気分転換になろました。

こんばんは、裏磐梯も晩秋ですね。秋元湖の寂しい様子、写真からひしひしと伝わって来ました。あと半月もすれば、白い世界になってしまうんでしょうね。僕ももう一度、裏磐梯に行かねば!! という熱い決意を固めました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219946/17005457

この記事へのトラックバック一覧です: 快晴の裏磐梯へ:

« 都会はある意味悲しいですね。 | トップページ | ローラー台に変更です »