« はっ 初霜だ!そんでもって初の66kg台だ。 | トップページ | 予想外の出費だよ »

2007年10月26日 (金)

ピナ号のバルブが壊れた

曇っていたが 気温が昨日より高めなので朝練に出よう そのため空気圧をチェックし

バルブを開けようとしたら・・・・・。

何の前触れもなく ポロッ と金属が破断してとれてしまった。

乗れないこともないが空気は充填できない。 さてどうしようか?

Dscn0044

手前の金色の破片が破断してとれた部品 隣がキャップ

こういう場合は 何かいやな予感もするのでローラー台の練習にかぎる。

バルブの根元のゴムが破れるのは私も経験があるが金属が折れるのは

初めて・・・。

本日のデータ

体重:67.3Kg

体脂肪率:19.5%

筋肉量:51.4Kg

基礎代謝量:1.485Kcal/日

体内年齢:32歳

走行距離:0Km

ローラー台練習時間:朝30分  夜30分

« はっ 初霜だ!そんでもって初の66kg台だ。 | トップページ | 予想外の出費だよ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

そういえば。この仏式バルブってどんな構造になっているのかネットで探してももなかなか無いんです。頭で考える構造上、バルブの部品交換は不可能と思えるのですが・・・どうなんでしょう。チューブ交換になってしまうんですか?

kojiさん こんにちは!奥岳の写真 絶景ですね。写真の見事なこと。たぶんチューブごと交換になるのでしょう。新車の時からのチューブなので低コストのやつがついてたんですかね。今日は予備で持ってたパナレーサーのチューブと交換する予定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219946/16883491

この記事へのトラックバック一覧です: ピナ号のバルブが壊れた:

« はっ 初霜だ!そんでもって初の66kg台だ。 | トップページ | 予想外の出費だよ »